「iPhone 15」の〝全カラー〟デザイン予測、新色3つがヤバい!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

まもなく発表される見込みの「iPhone 15」シリーズで予想されている新色・カラーバリエーションについて、Apple専門メディア「MacRumors」がデザイン予測つきでまとめています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:MacRumors ,@KosutamiSan

「iPhone 15」シリーズのカラーバリエーションと新色3つ


ここ数年、iPhoneの通常モデルのラインナップは5色で、春に6色目が発売されるのが恒例となっています。今年の「iPhone 15」「iPhone 15 Plus」も同様の流れになる見込みです。

先日、「iPhone 15」に付属されるとみられる新しい編組USB-CケーブルがSNS上にリークされました。このケーブルには複数のカラーバリエーションがあり、本体カラーに合わせられると予測されています。


ここから予測される「iPhone 15」のカラーバリエーションは以下の通り。画像はカラーを「iPhone 15」のデザイン予測に当てはめたものです。

  • ミッドナイト/ブラック
  • スターライト/ホワイト
  • イエロー
  • ブルー
  • オレンジ/コーラルピンク


ケーブルの色味が曖昧なため、新色がオレンジよりなのか、ピンクよりになるのかは不明です。なお、Appleは2018年の「iPhone XR」で「コーラル」を提供しており、このカラーが復活する可能性は十分にあります。


「MacRumors」は、カラーの正式名称がどうなるかは不明だと指摘しています。また、今回のラインナップにはレッドが存在していませんが、2024年春に「iPhone 15」と「iPhone 15 Plus」にPRODUCT(RED)モデルが追加される可能性はあるとのことです。

上位モデルである「iPhone 15 Pro」「iPhone 15 Pro Max」は、初めてチタン製フレームを採用するとリークされており、これにともないカラーバリエーションも一新される見込みです。カラーバリエーションと予測デザインは以下の通り。

  • ダークブルー
  • シルバーグレー
  • スペースブラック
  • チタニウム


新色にあたるのは「ダークブルー」と「チタニウム」で、どちらも渋い格好良さがあります。ゴールドは廃止され、そのポジションがより素材の色味を生かしたチタニウムに置き換わるようです。なお、こちらも正式名称がどうなるのかについては不明です。

Appleは9月12日(火)に「iPhone 15」発表イベントを開催すると予想されています。これが正しければ、近々イベントの詳細な日程が公式発表されるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次