中川翔子が大食い限界突破! ダイエットの行方は? 意気揚々と豪華海鮮6人前注文も値段が驚愕すぎて⁉︎

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

タレントの中川翔子さんが8月23日に、自身のチャンネル「中川翔子のヲ」を更新し、海鮮丼を爆食する動画を投稿しました。

中川さんはスタッフさんの海鮮丼も含めてなんと9品も注文!さすがのしょこたんも、領収書をスタッフさんに押し付けてしまいそうになった驚きの値段とはいったい?

目次

海鮮はゼロカロリーと主張

今回の動画は、中川翔子さんが海鮮食堂で爆食いする内容です。千葉県にあるお店に到着した中川さんは、初っ端からテンションマックス。「プレミアム海鮮丼がいい」「でも金目鯛の煮付けも美味しそう」とメニューを確認していきます。

ただ現在中川さんはダイエット中の筈なため、スタッフさんがちょっとにしておきますかと尋ねてみました。すると中川さんは「海鮮はほぼゼロカロリーなんですよ。ノーカンです」とキッパリ。行くぞ、とカッコよくスタッフを鼓舞して店に入っていきました。

9品頼んでまさかの値段に!

さっそく「プレミアム海鮮丼」を選んだ中川さんは、ここで皆に奢ると提案。喜ぶスタッフ皆のために、菅野さんに「とみうら満腹定食」、髙山さんに「上刺身定食」、マネの橋向さんには「金目鯛の煮つけ定食」を割り当てていきます

そして高木さんに「大とろ・うに・いくら丼」を注文して終わるかと思いきや、まさかの再び菅野さんに「とみうら丼」を追加。更に「かきふらい」「いかメンチ」「なめろう」を頼みました。食事後に発表されたお会計は21,550円!思わずうなり声が出てしまいました

楽しそうなチームにファンもほっこり

スタッフさんと一緒に海鮮丼を堪能した中川さん!YouTubeのコメントでは「スタッフとこれだけ近くで、楽しくしてくれるんだから、どんだけ楽しい職場だよ!って思う!」「めちゃくちゃ美味しそうだし、スタッフさんとの掛け合いも毎回楽しいですね」と好評でした。

また「無理して食べるんじゃなくて思う存分心ゆくまで欲しいだけ食べる動画は気持ちいい」「美味しく食べてるしょこたんの食べ姿最高です きちんと残さず完食するのは観ていて気持ち良いです!」と、美味しく食べる様子が好きとのコメントも見られました。

仲の良さもヲチームの魅力

海に来て海鮮を食べられないのでは可哀想と、突如スタッフに奢ってあげた中川さん!驚きの値段になりましたが、中川さんも含めてみんな楽しそうな様子です。

ヲチームの魅力である仲の良さに、ファンもほっこりする動画でした。今後の更新も、ぜひチェックしておきましょう!最後までご覧いただき、ありがとうございました。

サムネイルは以下より:

編集部おすすめスマホゲーム一覧【PR】


放置少女 - 百花繚乱の萌姫たち
大人気の美少女育成放置系RPG!操作は超簡単フルオートバトル!可憐な美少女が貴方を待っています!


Rise of Kingdoms -万国覚醒-
全世界で1億ダウンロードを突破した戦略RPG!超有名な世界の文明・英雄が搭載!日本からは源義経、楠木正成が登場しますよ!


勝利の女神:NIKKE
〝背中で魅せる〟ガンガールRPG!ハイクオリティなグラフィック・壮大な世界観とシナリオが魅力です!


崩壊:スターレイル
HoYoverseが新たに贈るスペースファンタジーRPG!圧倒的なグラフィックで圧倒されてしまいます。


ネバーアフター~逆転メルヘン~
予想を裏切る〝おとぎ話RPG〟!全世界で1500万DL達成!出演する豪華声優陣も魅力です!


メダロットS
メダロットシリーズ初のスマートフォンゲームアプリ!奥深い戦術性が魅力です!カスタマイズは無限大なので、自分だけの機体で勝利を掴もう!


少女ウォーズ: 幻想天下統一戦
爽快感満載の超絶・没入型空想大乱闘少女放置シミュレーションRPGゲーム!ドキドキするサービス画面も…?


千年戦争アイギスA
10周年イヤー記念特別新規大歓迎キャンペーン開催中!5日間ログインで【最高レア】ブラック召喚チケットが5枚貰えます!


KARIZ -カリツの伝説-
話題のスマホ向けMMORPG!簡単操作で大迫力バトルが楽しめます!ギルドも作成できるので、友人同士で遊ぶ際にもピッタリ!


終末先鋒隊-ローグライク
未来の世界を舞台としたローグライクRPG!ヴァンサバライクなので爽快感MAX!多方面から迫り来る敵を簡単操作で倒しまくろう!


闇の戦争:ミステリー・レジェンド
2024年1月5日(金)に配信された新作ストラテジー×カードゲーム!他種族を倒し、領地を拡大していきます。目指せ〝闇の支配者〟!
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次