【衝撃】鮎の群れに網を投げ込んだ結果は……⁉︎

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

鮎釣りの魅力は、まずその自然との一体感です。清流で流れる涼しい水に立ちながら、自然の中で穏やかな時間を過ごすことができます。釣りの技術を磨きながら、川の音や風景を楽しむことができるのは、日常の喧騒から解放される贅沢なひとときです。

また、鮎釣りは臨機応変な対応やテクニックが求められるため、臨機応変な判断力や忍耐力を養うのにも良いです。鮎は警戒心が強く、巧妙な仕掛けが必要です。そのため、新たな戦略を考えたり、状況に合わせて工夫を凝らす楽しさがあります。

今回は鮎釣りにとある仕掛けを持ち込んで挑む「釣りよかでしょう。」さんの動画について触れていこうと思います。果たして思惑通りに事は進むのか、それでは行ってみましょう!

目次

目次

釣よかでしょう。さんとはどんな方?

「釣よかでしょう。」は、魚釣りに情熱を注ぐYoutuber。現在チャンネル登録者数は170万人を超えている人気者です。

彼のチャンネルは、美しい自然の中での釣りの楽しさやハイレベルな技術を伝える動画をメインに投稿中。川や海で繰り広げられる彼の釣り風景は、視聴者から支持を得ています。

丁寧な解説や釣りのテクニックの紹介によって、初心者から上級者まで幅広い層が楽しめる内容となっており、伝統的な漁法や地域の文化とのふれあいを通じて、釣りだけでなく知識や魅力を取り上げる点は彼らの親しまれている理由の一つでしょう。

釣りの愛好家やアウトドア好きはもちろん、自然の美しさに触れたい人にもおすすめのチャンネルです。

今回挑むのは「投網」!

今回投網に挑むのは、よーらいさん、きむさん、とくちゃん、そしてカメラマンのやっちゃん の4人!

前回、川で鮎を捕りに行った際に網で挑もうという流れになったようで、近くの釣具店で投網を購入してきたようです。もちろん普段竿で魚と戦うことが多いので扱い方を教わってきたきむさん。まずは川に行く前に網の扱いについて練習します。ここで網の種類について解説してくれるきむさん、こういったわかりやすい解説も釣りよかさんご一行の人気の一つですよね。

まずは4人で知識や情報寄せ集め、作戦会議を行います。どうやって挑むのか、期待は高まりますよね・・!

初挑戦の網!手ごたえは・・!

一通り投げ方を定めた釣りよかご一行。まずは練習をして手ごたえを確かめます。

いざ投げてみると思い通りにいかない様子。簡単に行かないところが釣りの楽しみであると言えるでしょう。何度も何度も投げますがなかなか思い通りに網が開きません。

スマートに魚を釣る姿もカッコいいですが、今回のような初挑戦のものでわちゃわちゃした風景を動画に収めてくださるところは、釣りよかでしょう。さんならではですよね。見ていてとてもほっこりします。

何度も投げる中でコツをつかんできたのか、笑顔の中にも技術的な話がちらほらと。

そしてついにきむさんがコツを掴みきれいに広げられるようになりました。いよいよ獲物を捕りに動き出します。

いざ川へ・・!狙うは大量の鮎!

ここで投網について簡単におさらいしておきましょう。詳しくは動画で取り扱っていますが、
  
 ①魚が多い場所や通り道を選ぶ。
 ②網を投げ込む。この時に無駄なくいっぱいに広がるように投げるのが大事。
 ③網を引き揚げる。

以上の3つになります。文章で書くと簡素ですが、やってみるととてもテクニックが必要で難しいです。それはこのあとの釣りよかさんが見せてくださいます。

今回の釣り場は小さな川です。直前まで網の投げ方を確認します。

まず第一投目はよーらいさん!いざ場所を定めて投げ込むと、無事鮎ゲット!ただ練習通りに投げ込んだのですが手に入れた獲物は1匹だけでした。

この後も何度か投げ込むも望むような数の獲物はなかなかゲットできません。

こういった壁にぶつかるのもまた釣りの面白さの一つといえるでしょう。

ここで終わる?そんなわけないでしょう!

網を投げまくるもののなかなか思う様に捕まえることができない釣りよかご一行。

二人係で網を抑えに行くも、隙間からすり抜けて逃げてしまうようです。壁際には鮎は見えるのにもどかしいですよね・・。とくちゃんが巨大な網を用意して潜っている姿を見るに鮎自体はたくさんいる様子。

最終的に網目からすり抜けているのを確認したあたりできむさんからとある号令が・・・!

そして次回予告「次回こだま無双」とでて今回の動画は終わります。次回鮎釣りで何が起こるのか、目が離せません・・・!

思い通りにいかない、それも釣り!

いかがだったでしょうか!今回は釣りの難しさを教えてくれるそんな動画でしたね。

鮎釣りの楽しさは、その魅力が釣りの技術だけにとどまらないことが分かりました。清流や美しい自然の中で過ごす時間も体験しつつ、獲物を捕るために頭を使う奥深さは、釣りにハマる要因の一つと言えるでしょう。

釣りの楽しみ方は人それぞれで、初心者から上級者まで誰もが自分なりのスタイルを見つけることができ、その楽しさは釣った魚の大きさや数だけではなく、自然との共存や環境への配慮といった側面も含んでいます。

次回は一体何が起こるのか、はたして鮎は大量捕獲できるのか・・!次回の動画で結末を確認しましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★