「iPhone 15」の爆熱対策アップデートは〝性能低下〟をもたらすのか?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

iPhone 15 Pro」と「iPhone 15 Pro Max」では、多くのユーザーから「ウェブブラウジングなどの軽い作業でも、端末が非常に熱くなる」という報告が寄せられていました。Appleはこれについて、「iOS 17のソフトウェアの問題」があったと認め、発熱問題に対処するアップデートを公開しています。

一方でこのアップデートでは、「A17 Pro」チップの性能が制限されるのではないかという懸念もありました。これについて、テックメディア「9to5Mac」がベンチマークで実証テストを行っています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:9to5Mac ,medium.com/@mingchikuo

iOSアップデート前後で「iPhone 15 Pro」のベンチマークを比較


Appleは以前「9to5Mac」に対し、このアップデートについて「今回のアップデートはA17 Proチップの性能には影響しない」と述べていました。同メディアはこれを確かめるため、ベンチマークソフト「Geekbench 5」でアップデート前後でスコアを比較しています。

まず、アップデート前のベンチマーク結果は以下の通り。

  • シングルコア・スコア:2914
  • マルチコア・スコア:7199

次に「iPhone 15 Pro Max」にiOS 17.0.3をインストールした直後に行ったテストの結果です。

  • シングルコア・スコア:2875
  • マルチコア・スコア:7006

スコアは明らかに下がっていますが、「9to5Mac」は、ベンチマーク結果は端末の温度やバッテリー残量によって異なると指摘しています。アップデートをインストールした後、iPhoneが冷えるまで2時間待ち、再度テストを行った結果は以下の通り。

  • シングルコア・スコア:2941
  • マルチコア・スコア:7523

スコアは以前のバージョンよりも良くなっています。これらの結果を踏まえ、「9to5Mac」は今回のアップデートについて「パフォーマンスには影響しなかった可能性が高い」と結論づけました。



Of course, Apple could have changed something when it comes to sustained performance, which is when the device runs processing-intensive apps for longer periods of time. However, we’ll have to wait a bit longer to find out for sure. Based on our preliminary tests, the variation in performance is the same as before, so nothing seems to have changed.


— 引用:9to5Mac

訳:もちろん、Appleは、デバイスが処理負荷の高いアプリを長時間実行する持続性能に関して、何かを変更した可能性はある。しかし、それを確かめるにはもう少し待つ必要がある。予備テストによると、パフォーマンスのばらつきは以前と同じで、何も変わっていないようだ。

Appleはまた、インスタグラムやUberのような一部のアプリがiPhoneの発熱を引き起こす問題があり、開発者と協力して対処していると述べていました。ただし、これですべての発熱問題が解消されるかどうかは不明です。

特に「iPhone 15 Pro Max」では充電時の発熱なども報告されており、著名アナリストのミンチー・クオ氏は「放熱設計の妥協」が原因だと述べていました。問題が実際に発生している方は、まずはiOSとアプリをアップデートし、それで問題が解消されるかを様子見するしかなさそうです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次