楽天モバイルが〝プラチナバンド獲得〟で最強回線になる理由2つ

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

楽天モバイル」は繋がりやすい電波である「プラチナバンド」を獲得するために総務省に割り当ての申請をしていました。そして10月3日、総務省はその申請が楽天モバイル一社からだけだったことを発表します。つまり、楽天モバイルのプラチナバンド獲得が濃厚になったということです。

今まで楽天モバイルは回線の不安定性が問題となっていましたが、プラチナバンド獲得でこれが改善できれば、一気に魅力的な回線となりえます。そこで今回の記事では、楽天モバイルの活用方法次第で最強回線になる理由を徹底解説します。


*Category:テクノロジー Technology *Source:カオナシガジェット,楽天モバイル

【1】固定回線としても利用できる


楽天モバイルの魅力は月額3,278円でインターネットが使い放題ということです。

この価格は固定回線を利用するより安いです。例えば、楽天ひかりを利用する場合、価格が安いマンションタイプでも月額4,180円します。


楽天モバイルがプラチナバンドを獲得し、室内でも外でも安定して繋がるようになれば固定回線の代わりに楽天モバイルを利用してもいいでしょう。楽天モバイルの通信速度であればYouTubeなどの視聴程度であれば問題ないはずです。

また、楽天モバイルであれば固定回線の設置のような工事も不要です。

【2】メイン回線としても最強格


楽天モバイルには電話がかけ放題になる「楽天リンク」という魅力的なサービスもあります。

「ネット使い放題」「電話かけ放題」「基本料金が安い」という魅力がある楽天モバイルであれば、メイン回線として十分に利用できるはずです。

また、プラチナバンドを獲得すれば、今以上に繋がりやすくもなります。現在、ドコモ・au・ソフトバンクなどで高額なプランを契約しているユーザーはメイン回線を楽天モバイルに乗り換えてもいいかもしれません。

デュアルSIM運用で回線の不安も克服


もし、楽天モバイルがプラチナバンドを獲得して、繋がりやすくなったとしてもデュアルSIM運用をオススメします。デュアルSIMとは複数の通信会社で運用する方法です。デュアルSIM運用をする理由は通信障害対策になるからです。しかし、複数の通信会社を契約するということは、その分の基本料金を支払わなければなりません。

ただ、格安SIMなどを利用すれば安価に回線を持つことができます。オススメの安価な通信会社は日本通信の「合理的シンプル290プラン」です。このプランであれば月額290円で回線を維持することができます。楽天モバイルが圏外や通信障害になった際に回線を切り替えて利用すれば、通信ができないという問題を回避できます。

なお、デュアルSIM運用は楽天モバイル以外のドコモ・au・ソフトバンクでも有効的な手段です。

カオナシガジェット【元携帯ショップ店長】」では、楽天モバイルの活用術や通信会社のお得キャンペーンなどを解説しています。最新情報を手に入れたい方は、是非チャンネル登録をよろしくお願いします。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次