【話題】BTSジョングクのアルバム『GOLDEN』のタイトルに込められた意味が凄い!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

BTSのジョングクが、11月3日にソロアルバム『GOLDEN』をリリースすることを発表しました。『GOLDEN』には、ジョングクのあだ名である「黄金マンネ(何でもできるパーフェクトな末っ子)」の意味が込められています。

ファンは「これ以上、ジョングクにぴったりなタイトルがあるだろうか」「ジョングクに相応しい最高のタイトルだ」と、アルバムのタイトルを賞賛しています。

目次

目次

ジョングクの代名詞とも言えるタイトル『GOLDEN』

ジョングクは11月3日にソロアルバム『GOLDEN』を発売することを発表。所属事務所はタイトルの意味について、「BTSの黄金の末っ子」「ジョングクが黄金に光る瞬間をモチーフにしたアルバム」と綴っています。

ジョングクと言えば、「何でもできるスペシャルな末っ子=黄金マンネ(末っ子の意)」。ファンならお馴染みの代名詞です。『GOLDEN』はソロアルバムですが、BTSの黄金マンネとしての側面も込められたタイトルとも言えます。ファンは「これ以上、ジョングクに相応しいタイトルは無い」「まさにジョングクだ」と、感動の声を寄せました。

ちなみに、ジョングクに「黄金マンネ」と名付けたのはメンバーのRM。ジョングクはRMをとても尊敬しており、ロールモデル(お手本)として挙げたほどです。ジョングクは大好きなメンバーであり、憧れの先輩でもあるRMがつけた名前を引っ提げ、ソロアルバムを発表します。なんと素晴らしいことでしょうか。このエピソードも含めて、ファンはこのタイトルに感激と感動を伝えています。



ジョングクは「今が自分の黄金期だ」と語る

ジョングクは『GOLDEN』というタイトルについて、「今が自分の黄金期だと思ったから」と、名付けた理由を語っています。

26歳になったジョングクは、BTSのメンバーとして成功を収めたばかりではなく、ソロ活動でも素晴らしい成績を収めました。すべてにおいて光り輝く今だからこその『GOLDEN』。ジョングクらしく率直で、これ以上なくぴったりなタイトルでしょう。この『GOLDEN』とともに、さらに輝くジョングクを見られるに違いありません。

コンセプトフォトの大人っぽさに見えるジョングクの成長

BTSがデビューした当時、ジョングクはまだ15歳の少年でした。釜山から1人でソウルに引っ越し、先輩たちと共同生活をしていたジョングクは、とても大人しい末っ子でしたね。高校の入学式にメンバーが付き添ったときは、隣にいる同級生に話しかけられず、照れくさそうにしていた姿も印象的です。

そんなジョングクも、デビューから11年を経て26歳に。『GOLDEN』のコンセプトフォトでは、大人になったジョングクの姿を確認できます。



もう、あの日の頼りなげな少年はどこにもいません。この堂々たる佇まい。まさにスーパースターのジョングクですね。凛とした



しかし、こうして大人になっても、「黄金マンネ」の愛称が相応しいところは何も変わりません。今も昔も、BTSにとって非常に誇らしい末っ子ジョングクです。



「3D (feat. Jack Harlow)」で魅せた大人の姿にも注目

ジョングクは9月下旬にシングル「3D (feat. Jack Harlow)」をリリースしました。このMVの中で、ジョングクは肌をあらわに白いジャケットを着用。引き締まった筋肉を披露し、ファンを驚かせています。

以前は肌を見せることが少なかったBTS。しかし、末っ子のジョングクはもう肌を見せることに戸惑いは無いようです。鍛え抜かれた美しい筋肉を、ありのままに見せること。そこに、「大人になったジョングクの姿」が見えるでしょう。また、「26歳の等身大の自分を見せること」が、今の彼がやりたいことなのかもしれません。

「自分の選択」を大切にするジョングク

近年のジョングクは、「もう僕は26歳だ」と語り、自身の選択をいちばんにすることが増えました。例えば、楽曲の中にセクシーな表現があると、ファンの中には抵抗を示す人も出てくるでしょう。

しかしジョングクは、様々な声にひるむことなく、「自分がやりたい表現」を貫いています。「どんな声よりも、 自分がやりたいことをやる」という姿勢にも、ファンの関心が集中。ジョングクを見ていると、「自分の人生を自分で選ぶ大切さ」に気づかされます。

ジョングクは「’Seven (feat. Latto)」でも、アダルティな歌詞が綴られた「Explicit Ver.」をリリースしました。「自分が思う26歳らしさ」を体現しようとしています。賛否があろうとも、自分のやりたい道を突き進むところが、最高にジョングクらしいですね。

『GOLDEN』に広がるジョングクの世界に関心が広がる

15歳でデビューしたジョングクは、とりわけ「末っ子」の幼いイメージが強いメンバーです。韓国アイドルグループの「マンネ」は、「かわいい」「兄メンバーに可愛がられている」「でも、ちょっと生意気」などなど、イメージが固められていることが大半。ジョングクだけでなく、あらゆるマンネがそのイメージとなり、若いうちはイメージ通りに振る舞うことが多いです。

しかし、ジョングクはBTSという偉大なグループのマンネを続けつつ、少しずつイメージを変えています。これまでの「マンネ」のイメージを一度切り離して、「今のジョングクの表現」を見せたいということかもしれませんね。『GOLDEN』でジョングクがどんな世界を私たちに届けるのか、とても楽しみです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次