嫉妬しない方法はある?自分のメンタルをコントロールする方法4選

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

自分が手に入れたいものをすでに他人が持っているとき感じてしまう妬みや、パートナーが自分以外に好意を持っているときにやきもちを妬いてしまうなど。これらは嫉妬心から起こっています。他人に嫉妬してしまい自分が無能だと落ち込んだり、パートナーの愛情を信じられず苦しくなってしまわないように。今回の記事では嫉妬に悩まないための自分のメンタルをコントロールする方法を紹介します!

目次

目次

どんなとき嫉妬してしまうのか?

仕事や恋愛において嫉妬してしまうことってありませんか? 仕事なら同僚と比較し自分が劣っていると感じてしまうと、プライドが傷つき自己評価が下がります。自分より下に見ていた後輩が周囲から認められ始めると憎たらしくなってくる……。このように自分の能力が認められず他人が評価されると、自分と他人を比較して嫉妬してしまうのです。

恋愛なら、パートナーが異性と楽しそうに会話するだけでやきもちを妬いてしまうことはありませんか? 自分以外の異性に恋愛的感情でない好意でさえ持つことを許せません。嫉妬心が強くなると自分に向けられるはずの愛情が、他人に向くことが不安で束縛が激しくなります。仕事も恋愛も自信のなさから嫉妬してしまうのです。

嫉妬で苦しい思いをしないよう自分のメンタルをコントロールする方法

メンタルをコントロールするには、前提として自分自身で解決できないことに悩まないことが大切です。相手が考えていることを推測したり勝手に想像しないこと。相手が何を考えているかはわかりませんよね。他人軸になると自分に不都合なことに対し、根拠のない決めつけによって悪い方向に考えてしまいます。メンタルをコントロールするには、自分軸で物事を考える必要があるでしょう。

自分の在り方が定まっていれば他人が気にならなくなり、常に自分自身と対話することで悩みが解決できるようになります。メンタルをコントロールするには自分と向き合うことが必要条件となるのです。

物事を客観的に見る

相手の考えを勝手に想像し感情に振り回されたり自分自身を傷つけないために、物事を客観的に見ることを心がけましょう。例えば同期で飲み会に行ったら自分だけイジられ役だったとき。「嫌われているのかも」「バカにされている」と勝手に解釈し自分を傷つけてしまいます。

客観的に見れると「相手も場を盛り上げようとして必死だったのかもしれないな」「この中で自分が一番話しやすい雰囲気を持っていたのだろう」と様々な見方ができるのです。

ネガティブな感情を持っていることを受け入れる

自分の内面にある嫉妬心などのネガティブな要素に向き合えず、嫉妬が怒りに変わり相手を嫌いになったり攻撃するようになってしまうことがあります。ネットでの炎上もうまくいっている人に対し嫉妬心が沸き起こり揚げ足取りや暴言を吐くなど問題になっていますよね。嫉妬心はネガティブな感情に飲み込まれやすく、周りが見えなくなる可能性が高まります。

メンタルをコントロールするにはネガティブな感情を受け入れることが必要です。プライドが邪魔したり見ないようにやり過ごしては自分と向き合うことはできません。嫉妬心などネガティブな感情は自分が手に入れたいものを教えてくれている。自己成長するために必要な感情だと知ることで向き合えるようになるはずです。

あるがままの感情をノートにさらけ出す

自分と向き合うとっておきの方法は、さまざまな感情を隠さずそのままノートに書く出すことです! 自分が今何を感じて何が不安で何を恐れているのか。なぜそう感じてしまうのか頭の中でモヤモヤしていた感情が言語化され、自分自身の嫌な部分を明らかにしていきます。

嫉妬心を感じるのはいけないものだと蓋をせずに、書き出して客観視することで自分と向き合い感情の正体を突き止めるのです。なぜ嫉妬心を感じてしまうのか気づくだけで、自分と向き合うことになりメンタルのコントロールができるようになるでしょう。

本を読む

頭の中の感情を言語化できないことが多々あります。経験したことのない感情に気づくことはできても言い表すことができません。小説やエッセイを読むと作者の経験や考え方、登場人物のさまざまな感情に触れますよね。本によって疑似体験することで自分自身の感情の正体を突き止めることが可能になるのです。

メンタルをコントロールするために本を読む理由。それは多面的に考えることが可能になり自分の視野を広げることができるから! 感情に支配されず物事を冷静に判断し「それってなぜだろう」と思考力を高められるため、メンタルをコントロールできるようになるのです。

〈まとめ〉自分と向き合いメンタルを鍛えれば嫉妬心もコントロール可能になる

嫉妬心に支配されそうになったら、ノートに書き出して感情をしまい込まず明らかにすること。さらに本を読むことを習慣にして思考力を高め自分の価値観を広げましょう。ネガティブな感情を受け入れた先には成長が待っていて、苦しくて辛い嫉妬に悩まされることのないあなたがそこにいるはずです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次