【MLB】大谷選手の移籍本命は?球団専門メディアが契約年数を公開?

MLBのロサンゼルスエンゼルスに所属する大谷翔平選手について、ある球団専門メディアが契約年数を発表しました。アメリカのスポーツ専門メディアのブリーチャーリポートの記者が大谷選手の移籍について言及。その内容についてとある球団専門メディアが反応した形に。その内容は具体的な契約年数やインセンティブまで踏み込んでいました。発表の信憑性と移籍の可能性について説明します。

目次

ブリーチャーリポートとは? アメリカのスポーツメディア。

ブリーチャーリポートとは、アメリカのスポーツメディアで野球専門ではなくバスケットボールやその他のスポーツにおいてもレポートしているメディア。その中に大谷選手の移籍についての話題が投稿。直近では「大谷選手に適さない移籍先6つ」というタイトルでも記事を出していました。

記事はジョエル・ロイター氏。その内容は。

ジョエル・ロイター氏が今回投稿した内容は「私は大谷がドジャースと8年契約とインセンティブ付き契約を結ぶと予想する」というもの。インセンティブとは歩合制の事。より良い結果を出すと更に報酬が増える可能性がある契約で、結果以上の期待が望まれる場合に付与される契約。

ジョエル・ロイター氏ってどういう人? 2021年の予想は大当たり。

ジョエル・ロイター氏はブリーチャーリポートの記者を担当しており、2021年にはゲレーロ選手、セミエン選手と大谷選手の3人でMVPを争う中「大谷が2021年にやった事は誰も見た事が無い。彼はチーム最高の打者であり投手。一体誰が彼以上に価値があるというんだ」と発言。その年は見事大谷選手がMVPを獲得し、ロイター氏の予想は大当たりとなりました。

反応した専門メディアはこの球団。評判通りのあの球団。

この記事を受けて反応した球団専門メディアは「ドジャースネーション」移籍先の最有力候補として考えられているドジャースを専門に扱うメディアです。ロイター氏の記事に反応する形でいくつかの追加情報を出していました。

1年目は高額でも仕方ない。2年も以降は投手も。

ドジャースネーションは「2024年は投手として活躍できない為、高価なDHとなるだろう。長期的に見て投手としても活躍する事を球団は期待している」と発表。ついで「右肘の手術の為エリートレベルの投球ができるか分からない為、インセンティブは理にかなっている」とロイター氏の発言を肯定。

記事の信憑性は? 可能性は高い。

ロイター氏の発言は過去にも当たっている事や、球団専門のメディアが反応した事等、ドジャースが移籍先という可能性は高い状態。今後も大谷選手の移籍先について、追加情報があれば都度お伝えします。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す