【ポケモンGO】アクアゲノセクト攻略ガイド。最強のはがね・むしタイプ【アクアカセット】

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

11月2日10時〜11月9日10時まで『ポケモンGO(Pokémon GO)』の伝説レイドバトルに登場する「ゲノセクト(アクアカセット)」の攻略ガイドです。

目次

ゲノセクト(アクアカセット)の基本性能


※画像は通常のゲノセクトとなります。

タイプ:むし&はがね

弱点のタイプ 耐性を持つタイプ
・ほのお(2重弱点) ・ノーマル
・エスパー
・むし
・こおり
・ドラゴン
・はがね
・フェアリー
・くさ(2重耐性)
・どく(2重耐性)
使用可能な通常技 使用可能なゲージ技
・れんぞくぎり(むし)
・メタルクロー(はがね)
・シザークロス(むし:3ゲージ)
・マグネットボム(はがね:3ゲージ)
・ダストシュート(どく:2ゲージ)

むしタイプトップクラスのアタッカー! ハッサム越えの火力!


ゲノセクトの特徴は、全ポケモン中で見てもトップクラスの攻撃力と、それなりに高い防御力。特に攻撃面が非常に優秀で、むしタイプポケモンの中では最強クラスのアタッカーとなっています!

むしタイプを弱点とするエスパータイプやくさタイプのレイドボスとバトルをする際に非常に優秀なアタッカーとなるので、連戦して育成用のアメを貯めながらステータス厳選をすると良いかも。

弱点がほのおタイプ1種類かつ9種類の耐性を持っているという点も非常に優秀で、大抵のポケモンと戦える汎用性の高さも魅力。GOバトルリーグのハイパーリーグやマスターリーグで使用するのも面白そうですね。

ハイパーリーグだとむし運用で「ミュウツー(アーマード含む)」「メガニウム」「クレセリア」あたりへの対策が可能。

マスターリーグだとむし運用をすることで「ダークライ」「ミュウツー」「バンギラス」あたりに、はがね運用をすれば「トゲキッス」「ドサイドン」あたりへの対策となりそうですね。

はがねタイプのアタッカーとしても優秀

さすがにメタグロスやディアルガほどではありませんが、はがねタイプとして運用してもトップクラスのアタッカーとして活躍可能。

使用技が3ゲージ技のマグネットボムなので、ゲージ技を連発して相手ポケモンに確実にダメージを蓄積可能な点が上記2匹と差別化されている点。

シチュエーションによってはゲノセクトが最高のアタッカーになることも十分にありえるので、はがね運用をしてみるのもオススメですよ。

▼これもおすすめ!
マスボみんなはコレに使ってる!?

1 2
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次