本日発売! AERA増刊「アっぱレ日本一!阪神タイガース2023全軌跡」

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

朝日新聞出版より、2023年11月9日(木)、AERA増刊「アっぱレ日本一!阪神タイガース2023全軌跡」が発売となりました。

一進一退の手に汗に握る大熱戦となったオリックス・バファローズとの日本シリーズを制し、見事38年ぶりの日本一に輝いた阪神タイガースの今シーズンの戦いを、オールカラーのグラビアでたっぷりと振り返ります。

目次

AERA増刊「アっぱレ日本一!阪神タイガース2023全軌跡」


Amazonで見る

第6戦を終えてともに3勝、トータルスコアも23-23でまったくの互角。59年ぶりとなった関西決戦は、互いの意地とプライドをかけた、野球の醍醐味が凝縮された大熱戦。白熱の攻防を臨場感あふれる写真で振り返ります。

グラビア 虎のV戦士

近本光司、中野拓夢、大山悠輔、木浪聖也、坂本誠志郎、シェルドン・ノイジー、森下翔太、佐藤輝明、村上頌樹、伊藤将司、大竹耕太郎、岩崎優、湯浅京己、青柳晃洋ら、ペナントレースを勝ち抜いた虎のV戦士たちの姿を迫力満点のグラビアで紹介。この1年の熱き戦いの記憶がよみがえります。

ミスタータイガース・掛布雅之インタビュー

日本シリーズの熱闘が続くさなか、1985年の阪神日本一を知るミスタータイガース・掛布雅之さんがインタビューに応じました。今シリーズの最大のハイライトともいえる第4戦9回裏、不動の4番・大山悠輔選手が放ったサヨナラ打や「虎の四番」、85年当時のクリーンアップについて語りました。

横田慎太郎さんの両親が語る最後の日々

今年の阪神日本一を語るうえで絶対に外せないのが、今年7月18日、脳腫瘍で亡くなった元選手・横田慎太郎さん(享年28)の存在です。リーグ優勝が懸かった対巨人戦、同期入団の守護神・岩崎優選手が横田さんの登場曲、ゆずの「栄光の架橋」とともにマウンドに上がり甲子園が大合唱に包まれました。後生語り継がれる感動の名シーンです。

その横田さんの両親がスポーツジャーナリスト・吉井妙子さんの3時間超にわたる取材にこたえました。「メソメソしていたら息子に叱られます」と、母まなみさん。野球を愛し、みなに愛された28歳の若き青年がどのように命を燃やし、短くも濃密な人生を生き抜いたか。ぜひお読みください。


担当記者が振り返る2023年の岡田阪神

「シーズンが終わる頃には楽しみにしてもらえたら」。昨年10月、監督就任会見で岡田彰布監督は言いました。「アレ」、そして「アレのアレ」へ向けた戦いは、ここからスタートしました。15年ぶりに縦じまのユニホームに袖を通した“勝負師”は、いかにチームをまとめ、38年ぶりの日本一に導いたのか。就任当初から取材を続ける朝日新聞社大阪スポーツ部の阪神担当、大坂尚子記者が迫りました。

AERA増刊「アっぱレ日本一!阪神タイガース2023全軌跡」
発売日:2023年11月9日(木曜日)
定価:990円(本体900円+税10%)
A4変 84ページ
Amazonで見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

新着記事

マックスむらいの最新ドッキリ動画

目次