産休に入る人にどんなメッセージを送ればいい?例文をまとめてみた!

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

産休に入る同僚や先輩、友人に対してのメッセージ。言わないほうがよいことや、妊婦さんがプレッシャーに感じてしまいそうな内容があるのはご存じでしょうか? 自分では良かれと思った言葉が妊婦さんにとっては不安の種になってしまうかもしれません。今回の記事では産休に入る人へのメッセージの例文を、送る相手の関係性に分けてお伝えします。ぜひ参考にしてみてくださいね!

目次

目次

〈まず知っておきたいこと〉産休はいつから入るの?

産休は多くの女性が出産予定日の6週間前から取得するでしょう。妊娠34週から入り36週の「臨月」はいつ生まれてもいいよう準備をしておきます。お腹もせり出し重みも増して体の負担が大きくなってくる頃「やっと産休に入れる……!」と、待ち望んだ休暇に入るのです。ですがその気持ちとは裏腹に、仕事の復帰への気がかりや出産の不安もあることでしょう。

妊娠中に言われるとプレッシャーに感じてしまうメッセージとは

妊娠は喜ばしいことですから、メッセージを送る側も嬉しい気持ちを伝えたいですよね。けれど妊娠さんに精神的なストレスを与えてしまう表現があります。ではどのような言葉は避けるべきでしょうか。

それは、これから生まれてくる「赤ちゃん」のこと! 医療は発達していますが妊娠出産は何が起こるかわかりません。妊婦さんは不安を表に出さないようにしているだけかもしれませんよね。ですから「元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみにしています」「元気な赤ちゃんを産んでください」などは避けましょう。

産休に入る人に送るべきメッセージとは

産休に入ると産前産後休業から育児休業へと仕事を長期休暇することになるでしょう。社内で仕事を任されていた人は「皆さんに迷惑にならないかな」「人員不足で困らないかな」と気がかりがあるかもしれません。産休が明けたとき「自分の居場所はあるだろうか」と感じてしまうこともあるのです。

ではどのようなメッセージを送ると喜んでもらえるでしょうか。それは産休に入る人が安心できるような表現にすることです。「○○さんを見習って頑張りますね!」「またお仕事ご一緒できるのを楽しみにしています」などと添えると良いでしょう。さらにメッセージの最後に妊婦さんをいたわる気持ちを伝えると思いやりのあるメッセージになります。

〈産休に入る人への例文〉目上の人へ

社内で先輩や目上の人に向けたメッセージです。

○○さん、ご妊娠おめでとうございます。○○さんが産休に入ると伺いご連絡させていただきました。これまで助けてもらってばかりでしたが、○○さんが戻ってこられるまでに自分自身で行動に移していけるよう頑張ります!

お体に無理せぬようゆっくりお過ごしください。○○さんが復職なさった際には一緒にお仕事できることを楽しみにしています。

〈産休に入る人への例文〉仲の良い先輩へ

社内で親しい関係の先輩に向けたメッセージです。

○○さん(先輩)妊娠おめでとうございます! そしてお仕事お疲れ様でした! 体の負担があっても普段と変わらない○○さんを見ていて元気をもらっていたんです。いつも助けていただいたぶん、産休中は安心して過ごしてもらえるようお仕事のことは任せてください。

……ってカッコよく言いたいところですが、○○さんには相談とか愚痴の連絡してしまったらすいません。いつも頼りにしています。だから○○さんも産休中私にできることがあれば頼ってくださいね! 産休中はゆっくりと、お体どうぞご自愛ください。

〈産休に入る人への例文〉同僚や友人へ

社内の同僚や友人に送るメッセージです。

○○、おめでとう! お腹がどんどん大きくなるにつれて体の負担もあったよね。妊娠中のお仕事お疲れさまでした。○○さんが戻るまですごくさみしいけど頑張るよ。だからこちらは心配せずに出産に臨んでね。また一緒にお仕事できるのを楽しみにしてるよ! お休み中のお買い物とか、お手伝いできることがあれば頼ってね。

家事とか無理せずゆっくり体を休めて。ママになった○○に会えるの楽しみにしてる!

〈産休に入る人への例文〉後輩へ

社内で後輩に向けたメッセージです。

○○さん、おめでとうございます! 妊娠中仕事をするのは大変でしたよね。産休に入ったら仕事は私たちに任せてゆっくり休んでください。なにかあればお休み中でも気にせずご連絡くださいね。○○さんが戻られるときを楽しみにしています。

産休に入る人へのメッセージは「思いやり」と「いたわり」が大切

妊娠中の不安は多く、メッセージを送るには注意しなくてはならない表現があり悩んでしまいますよね。今回の記事でお伝えした、メッセージを送る際に気をつけることは4つあります!

・産休は仕事を辞めるわけではない
・仕事を離れる不安を解消させる
・出産にプレッシャーをかけない
・体をいたわる

これらのポイントをおさえて、あなたと相手のエピソードを添えれば喜んでもらえるメッセージになるはずです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次