【侍ジャパン】井端監督が恐怖を覚えた〝22歳の天才選手〟とは!?

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

アジアプロ野球チャンピオンシップで優勝を果たした日本代表には、井端監督が恐怖と感じる才能を持っている選手がいたとのこと。その選手は、大会MVPだけではなく、ベストナインにも選出され、日本代表の立役者として、活躍しました。そこで今回は、井端監督が恐怖に感じた才能を持っている選手の活躍ぶりやなぜ井端監督はその選手の才能に恐怖に感じたのか、解説していきます。

目次

井端監督が恐怖に感じたセンスを持っている選手とは?

井端監督の初陣となったアジアプロ野球チャンピオンシップで、見事優勝を果たし、いいスタートを切りましたね。そんな井端ジャパンでは、監督が恐怖に感じるほどのセンスを持った選手がいたとのこと。その選手は、読売ジャイアンツに所属しているプロ1年目の門脇誠選手です。

門脇誠選手は、シーズンを通して1軍選手として活躍し、ショートのレギュラーを勝ち取った実力者。その実力が認められ、日本代表入りを果たした門脇誠選手のどのような部分に井端監督は、恐怖を感じたのか解説していきます。

決勝戦では、凡退続きだった?

門脇誠選手は、予選から毎試合連続でヒットを放ち、チームの勝利に貢献する活躍を見せていましたね。ですが、決勝戦では、力んでしまい、なかなかヒットを放つことができませんでした。第1打席は、1アウト2塁のチャンスで打順が巡ってくるも、ファーストフライ。

第2打席では、先頭打者として打席に立つも、空振り三振。第3打席では、ノーアウト2塁のチャンスで、送りバントを成功させ、チャンスを広げ、その後同点に追いつきました。そして、第4打席では、1アウト1・2塁のチャンスで打席に立つも、空振り三振。その後も、同点のまま延長線へと突入しました。

最後の打席の前に井端監督が、掛けたアドバイスで覚醒!

門脇誠選手は、決勝戦の打席で上手く結果を残せておらず、1点負けている状況の中、最終打席を迎えました。その際、打席に向かう門脇誠選手に対して井端監督は、いつも通り打席に入れと、声をかけたとのこと。その声かけのおかげで、門脇誠選手は、初心に帰ることができ、サヨナラタイムリーヒットを放つことができました。

門脇選手の良さを引き出すために、声がけをした井端監督のアドバイスがあったからこそ、日本代表は優勝できたのかもしれませんね。この後の国際大会で、井端監督はどのような采配やアドバイスをし、日本代表を優勝に導いていくのか、注目していきましょう。

井端監督が大絶賛したのは、修正力の高さ!

門脇誠選手は、井端監督のアドバイスにより、サヨナラ打を放つことが出来ました。そんな井端監督は、門脇誠選手の修正力に絶賛しているとのこと。アドバイス一言で、修正してしまう対応力やしっかりと考えて打席に入れる能力は素晴らしいと語っていました。

また、こういった状況の中で、このように打てばいいと考えられる事が、サヨナラタイムリーの1打で分かってしまう事が怖いなと感じ、センスの塊と井端監督が語っていたとのこと。監督のアドバイス一言で、修正してしまう門脇誠選手は、能力が高いだけではなく、しっかりと考えてプレーしている事が分かりますね。来年以降、どのようなプレーを見せてくれるのか、今後の活躍に注目していきましょう。

将来の日本代表の二遊間に入り込むことができる逸材と評価されている!

今大会で、セカンドとして出場していた門脇誠選手は、広島カープの小園海斗選手と二遊間を組んでいましたね。そんな小園海斗選手は、打率.412と大当たりしており、今大会の二遊間は、優秀なコンビと言われています。お互いがお互いを意識して取り組んでいたため、門脇誠選手は少し力んでしまうプレーが増えてしまったとのこと。

しかし、監督のアドバイスにより、覚醒を果たし、大会MVPを獲得した門脇誠選手は、来年のプレミア12にも召集される可能性が高いとのこと。また、小園海斗選手も招集される可能性がある為、この2人による二遊間が再び結成される可能性はあります。果たして、今後の国際大会で門脇誠選手と小園海斗選手の二遊間を見る事ができるのか、そして、この2人の選手の活躍で日本代表を優勝に導く事ができるのか、注目していきましょう。

まとめ

今回は、井端ジャパンの初陣となったアジアプロ野球チャンピオンシップで、井端監督が恐怖に感じた選手について、解説しました。大会MVPとベストナインに受賞され、日本代表の中心選手として活躍した門脇誠選手。決勝までの試合で、毎試合ヒットを記録し、日本代表の勝利に貢献していました。しかし、決勝戦では、チャンスで打順が巡ってくるものの、いい当たりがなかなか出なかったとのこと。

そこで井端監督は、門脇誠選手に、いつも通り打席に入れと、アドバイスした結果、サヨナラタイムリーヒットを放つ事ができ、日本代表は優勝を勝ち取る事が出来ました。そこまでの修正力がある門脇誠選手は、センスの塊と言われています。果たして、門脇誠選手は、今後開催される国際大会でセカンドのレギュラーとして、活躍することができるのか、注目していきましょう。

AD
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
AD

人気キーワードから探す
カテゴリーから探す
ゲームのジャンルから探す