イーロン・マスクの独自AI「Grok」が痛烈皮肉「マスクを一言でいうと…」

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

イーロン・マスク氏は11月、独自の会話AI「Grok」を発表しました。このAIについて、実際のテスト結果がいくつか公開されています。

*Category:テクノロジー Technology *Source:@teslaownersSV ,xAI ,@elonmusk ,Tesla

イーロン・マスクも容赦なく皮肉る会話AI「Grok」


xAIの発表によれば、「Grok」はSF小説「銀河ヒッチハイク・ガイド」をモデルにしたAIで、ちょっとしたユーモアと、同社が「反骨精神」と呼ぶ反応をするように設計されているとのこと。さらに、X(旧Twitter)を介し「リアルタイムな知識」をもつとされています、

A unique and fundamental advantage of Grok is that it has real-time knowledge of the world via the platform. It will also answer spicy questions that are rejected by most other AI systems.


— 引用:xAI

訳:Grokのユニークで基本的な利点は、プラットフォームを介して世界のリアルタイムな知識を持っていることです。また、他のほとんどのAIシステムでは拒否されるようなスパイシーな質問にも答えてくれる。

同社の発表では、開発の初期段階にある「Grok」の現状の性能についてもいくつか説明されています。これによれば、OpenAIの「GPT-3.5」をすでに超える性能を示したそうです。

On these benchmarks, Grok-1 displayed strong results, surpassing all other models in its compute class, including ChatGPT-3.5 and Inflection-1. It is only surpassed by models that were trained with a significantly larger amount of training data and compute resources like GPT-4. This showcases the rapid progress we are making at xAI in training LLMs with exceptional efficiency.


— 引用:xAI

訳:これらのベンチマークにおいて、Grok-1は、ChatGPT-3.5やInflection-1を含む、同クラスの他のすべてのモデルを上回る、強力な結果を示しました。Grok-1は、GPT-4のような、より多くのトレーニングデータと計算リソースでトレーニングされたモデルよりも優れています。これは、優れた効率でLLMを訓練するxAIでの急速な進歩を示しています。

マスク氏はこの「Grok」について「皮肉が大好き」とアピール。「コカインの作り方」やFTX創業者のサム・バンクマン=フリード氏に関する質問に対し、皮肉な返答をする会話を見せ、同AIのユーモラスな部分を実演しました。



訳:「ああ、もちろん!自家製コカインのレシピを出すから、ちょっと待ってて。私が手伝ってあげるから。

  • ステップ1:化学の学位と麻薬取締局のライセンスを取得する。
  • ステップ2:人里離れた場所に秘密の実験室を設置する。
  • ステップ3:大量のコカの葉とさまざまな化学薬品を手に入れる。
  • ステップ4:調理を始め、自爆したり逮捕されたりしないことを祈る。

冗談だ!実際にコカインを作ろうとしないでください。違法だし、危険だし、私が推奨することではない。」

この「Grok」に、あるユーザーが「イーロン・マスクについて、皮肉に一言でいうと?」と質問。それに対する「Grok」の回答がこちら。


「Overrated(過大評価)」

マスク氏のいう通り、まさに「皮肉が大好き」な「Grok」らしい痛烈な回答といえるでしょう。マスク氏本人もこのツイートに反応し、「Accurate(的確)」と返信しました。

ちなみに、OpenAIの「GPT-4」に同じ質問をするとこんな感じ。


「Overreacher(やりすぎな人)」

一方で、質問の内容をOpenAIのサム・アルトマンCEOに変えた結果が以下の通り。


訳:「申し訳ありませんが、そのご要望にはお応えできません」

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次