【サッカー】実は王国ブラジルが〝史上初の敗北〟を喫していた!?

[PR] 本ページで紹介しているECサイトやメーカーなどから購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

[PR] 本ページでは掲載するECサイトやメーカー等から購入実績などに基づいて手数料を受領する場合があります。

サッカー王国ブラジルが、2026年のワールドカップ出場が危ぶまれているとのこと。11月21日に開催されたワールドカップ予選アルゼンチン代表との一戦で、史上初の敗北を喫し、現在6位。ワールドカップ出場権ギリギリの位置をキープしており、危うい状況とのこと。そこで今回は、ブラジル代表の史上初の敗北とワールドカップ出場権の今後の争いについて、解説していきます。

目次

目次

サッカー王国ブラジルが史上初の敗北を喫していた?

サッカー王国のブラジルは、ワールドカップ予選で史上初のホームでの敗北を記録しました。また、ここ3試合での3連敗と4戦連続未勝利も史上初とのこと。その結果、ブラジル代表は、南米予選に出場している10ヶ国中6位に転落してしまいました。

これまでに、ブラジル代表は、ホームで開幕されたワールドカップ予選では、64試合を戦い、51勝13分と圧倒的な強さを見せていただけに、今回の敗戦には驚く声も少なくなかったとのこと。史上初の敗北を喫したブラジル代表は、巻き返しを見せる事ができるのか、注目が集まります。

なかなか得点を決められなかったブラジル代表

ホーム試合で史上初の敗北を喫したブラジル代表は、アルゼンチン代表との一戦で、チャンスを作るものの得点を決める事ができませんでした。アルゼンチン代表の正ゴールキーパーであるエミリアーノ・マルティネス選手の強靭な鉄壁を破壊できないまま、90分が経過。

その間にアルゼンチン代表のニコラス・オタメンディ選手にゴールを決められ、リードされる展開。その後は、焦りなどもあり、チャンスを活かす事が出来ず、ホーム試合で史上初の敗戦となりました。ここから、ブラジル代表は再起できるのか、注目が集まります。

ワールドカップ出場も危ぶまれているブラジル代表

ワールドカップ南米予選で現在6位に沈んでいるブラジル代表は、出場権ギリギリの位置におり、出場が危ういのではないかと言われています。2023年のブラジル代表は、国際試合で過去最悪の勝率となっており、このまま立て直しを図れないと、危機的状況に陥るとのこと。

特に、失点の多さは課題となっており、守備力の立て直しは必須と言われています。チームの状況が不安定ということもあり、南米予選通過が不透明になってきているとのこと。まだまだ長い南米予選で、ブラジル代表は、チームを立て直し、3年後のワールドカップに出場し、優勝という目標を達成できるのか、今後の動向から目が離せません。

2024年夏からは、ブラジル代表監督が交代との噂も

現在のブラジル代表のジニス監督は、1年契約となっており、来年の夏から現レアル・マドリー監督のカルロ・アンチェロッティ氏が就任するのではないかと言われています。しかし、レアル・マドリーも契約延長を打診しており、先行きは不透明とのこと。

ブラジル代表は、カタールワールドカップ以降、カルロ・アンチェロッティ監督を引き抜こうと頑張っていましたが、契約期間などの問題もあり、2024年夏からと言われています。果たして、カルロ・アンチェロッティ監督は、ブラジル代表監督の指揮を取るのか、それともレアル・マドリーの契約を延長するのか、今後の動向から目が離せません。

果たして、ブラジル代表はワールドカップへの切符を掴み取る事ができるのか?

ブラジル代表は、怪我などにより長期離脱選手が増え、2023年代表招集された選手46人のうち20人は代表デビュー選手とのこと。そういった点からも、連携や戦術の浸透が難しく、なかなか結果が出せないのかもしれませんね。また、ネイマール選手やカゼミロ選手と言った主力級の選手が出ていなかったのも、アルゼンチン戦の敗北の要因です。

そんなブラジル代表を立て直すために、アンチェロッティ監督就任を目指しているものの、彼自身代表での指揮を取る経験値は持ち合わせていないため、未知数での状況の戦いとなります。果たして、サッカー王国ブラジルは、この状況を打開し、ワールドカップチャンピオンに輝くことはできるのか、そして、アンチェロッティ監督は、ブラジル代表の監督に就任するのか、今後の動向から目が離せません。

まとめ

今回は、サッカー王国ブラジルが記録した史上初の敗戦について、解説しました。ブラジル代表は、長期離脱している選手などの影響もあり、満足な戦力が整わない状況での戦いが強いられており、苦戦しているとのこと。また、今年代表デビューを果たした選手が20名いるということもあり、とても厳しい状態です。

そんな中、レアル・マドリー監督のアンチェロッティ監督が2024年の夏から指揮を取ると言われており、復調の可能性もあります。しかし、アンチェロッティ監督は、代表の指揮を取る経験値が無いため、苦戦を強いられると言われていますね。果たして、ワールドカップまでの残り3年間をどのような形で戦っていくのか、注目していきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

ちいかわ・K-POP・動物に関する記事を主に担当します!ちいかわに関してはオタクを始めてはや2年。K-POPに関しては幅広く応援しております。犬を飼っているので犬の記事が得意ですが、動物ならなんでも大好きで、可愛いお姿をご紹介していきます★

目次