【問題なし】ポケットWiFiでもPS4はプレイ可能!快適に遊ぶためのポイントを解説

ポケットWiFiでPS4はプレイできるの?

ポケットWiFiは、気軽にネット環境を得られる人気のサービスです。しかし、固定回線でゲームをプレイしている人は「ポケットWiFiでもPS4は遊べる?」と疑問に思いますよね。

結論から述べると、PS4はポケットWiFiでもプレイできます。ただし、ポケットWiFiで快適にプレイするにはポイントがあるので、事前に理解しておくことが大切です。

この記事では、ポケットWiFiでPS4を快適に遊ぶための方法・ポイントを解説します。注意点やおすすめのポケットWiFiも紹介するので、参考にしてみてください。

この記事のまとめ
  • ポケットWiFiでもPS4はプレイ可能
  • 容量や通信速度が重要
  • 通信が遅い場合はポケットWiFiの乗り換えを検討しよう

前提:固定回線でできるならもちろん光回線の方が良い

前提として、自宅に固定回線を設置できるなら光回線のほうが良いです。PS4を含むゲームは速度や安定感が重要であり、光回線のほうが通信速度が速く安定するからです。

しかし、光回線を使うためには回線工事をしなくてはいけません。賃貸住宅では固定回線を引けない場合があるので、その際はポケットWiFiの使用を検討しましょう。

ポケットWiFiでもプレイ可能ですが、やはり最適なのは光回線です。

ポケットWiFiでもPS4はプレイできる

ポケットWiFiでも、PS4はプレイできます。ただし、PS4公式HPで次のような記載がある通り、一定の通信速度は必要です。

目安として上り下りとも最低5Mbps以上の通信速度をおすすめします。
参考:PS4公式HP

PS4をプレイするためには通信速度やPing値、データ容量が重要です。契約するポケットWiFiによっては各種制限があり、快適にプレイできない可能性があるため注意しましょう。

ちなみに通信速度の予測値は、PS4の設定画面にて確認できます。結果を見る際には「ダウンロード」と「アップロード」を確認しましょう。

ストレスを抱えないよう、事前に把握しておくと安心です。

ポケットWiFiでPS4をプレイした方の口コミ

ポケットWiFiでPS4をプレイした方の口コミを紹介します。

  • 【良い評判】PS4にも繋がる
  • 【良い評判】普通にAPEXができる
  • 【悪い評判】PS4の更新に長時間かかった
  • 【悪い評判】ポケットWiFiでPS4は重たい

さまざまな評価が存在します。それぞれ解説するので、ポケットWiFi選びの参考にしてみてください。

【良い評判】PS4にも繋がる

ポケットWiFiは、PS4にも問題なく繋がります。

ただし、上記ユーザーの口コミは「先月のポケットWiFiとは比べ物にならない」という内容です。契約するポケットWiFiによって、プレイ時の快適さには大きな差があるようです。

ポケットWiFiを契約する際には、事前にスペックやプラン内容を確認しておきましょう。

【良い評判】普通にAPEXができる

APEXは、3人1組で戦うバトル・ロワイアル系のタイトルです。配信当時から人気を博しており、「PS4をプレイするならAPEXで遊びたい!」という人も多いでしょう。

基本的に、チームで戦うゲームは通信速度が不安定だと難しいと言われます。にも関わらず上記のような口コミがあるのは、ポケットWiFiの通信が安定している証拠といえます。

【悪い評判】PS4の更新に長時間かかった

ポケットWiFiは、光回線と比べるとやはり安定性が劣ります。また通信速度が一時的でも落ち込むと、ダウンロードやアップロードに長時間を要すケースもあるようです。

そのため、ポケットWiFiで更新を行う際は直前に通信速度を確認しておきましょう。契約するポケットWiFiによってスペックが異なるので、端末を選ぶ際にも注意が必要です。

【悪い評判】ポケットWiFiでPS4は重たい

ポケットWiFiを用いたPS4のプレイには、一部「遅いしラグが起きる」や「ストレスがかかる」という口コミも存在しました。

ただし、契約する端末やプランによっても快適さは異なります。

通信環境が悪い場合は、場所を移動したり接続し直したりして、状況が改善されないか試してみてください。

ポケットWiFiでPS4をプレイするために必要な条件の目安

PS4を快適にプレイするためには、必要な条件が存在します。目安は下記の通りです。

  • 通信速度が5Mbps以上
  • Ping値が50ms以下
  • 通信量が無制限

どんなポケットWiFiでもよいわけではありません。それぞれ詳しく解説するので、参考にしてみてください。

通信速度が5Mbps以上

ポケットWiFiでPS4をプレイするためには、「通信速度が5Mbps以上」という条件が必須です。これは、前述したPS4の公式HPにも明記されていました。

ちなみに、PS4プレイ時の通信速度の目安は下記の通りです。

対戦ゲーム5Mbps〜
シェアプレイ5Mbps〜
PlayStation Now12Mbps〜
リモートプレイ15Mbps〜
ダウンロード20Mbps〜

格安のポケットWiFiには、「最大◯Mbps」を謳いながら通常時の通信速度が遅いケースも少なくありません。口コミなどを参考に、注意して選びましょう。

もちろん、ポケットWiFiの中にも優秀な端末も存在します。おすすめのポケットWiFiは後述するので、参考にしてみてください。

Ping値が50ms以下

ポケットWiFiでPS4を快適にプレイするためには、「Ping値が50ms以下」という条件も重要です。

「Ping値」とは、ネット通信においてどのくらいの時間がかかるかを示した単位を指します。Ping値は低いほど動作が快適になるので、プレイ前に確認しておくと安心です。

ちなみに、Ping値は下記のサイトで簡単に測定できます。

測定サイト

またPS4を高画質で楽しみたい場合は、さらに低いPing値が必要です。30Ping値以下を希望するなら、光回線をおすすめします。

通信量が無制限

ポケットWiFiでPS4をプレイするなら、「通信量が無制限」のポケットWiFiを使用しましょう。システムアップデートやインストール時には、10GB以上のデータ容量が必要です。

通信量が少ないとすぐに通信制限がかかるので、契約時には「無制限プラン」があるかを確認しましょう。

ただし、PS4の通常プレイは通信量の消費が多くありません。「MGB」程度の消費なので、100GBあれば楽しめる場合もあります。

一方、PlayStation Nowをはじめとした「ストリーミング形式のオンラインゲーム」は大容量を消費するようです。

無制限プランでも、多くは「1日◯GB」の通信制限が存在するので注意しましょう。

【接続できない方必見】ポケットWiFiとPS4の設定方法

ポケットWiFiとPS4が接続できない方のために、それぞれの設定方法を紹介します。

  • ポケットWi-Fiの設定
  • PS4の設定

難しい作業はありません。詳しく解説するので、参考にしてみてください。

ポケットWi-Fiの設定

ポケットWiFiは「かんたん設定」や「有線接続」によって設定方法が異なります。かんたん設定の手順は、以下の通りです。

手順1
ポケットWiFiの電源を入れる
操作方法に従って、ポケットWiFi端末の電源をオンにします。
手順2
かんたん設定の項目をタップ
ディスプレイ内の「かんたん設定」をタップする(ある場合はすぐに見つかります)。
手順3
WPS設定
「WPS設定」をタップすれば、ポケットWiFi側の設定は完了です(WPS設定は、端末によってワンタッチ設定やAOSSなど名称が異なります)。

かんたん設定がない場合は、手動で「SSID」と「パスワード」を入力しましょう。SSIDとパスワードは、設定画面もしくは端末の裏面に記載されています。

それぞれ確認できたら、PS4の設定時に入力してください。

また、スタンド型の拡張機器「クレードル」で有線接続も可能です。ポケットWiFiとクレードルを接続し、LANケーブルでPS4と繋げば完了します。

LANケーブルは別売りですが、有線接続は通信が安定しやすくおすすめです。

PS4の設定

ポケットWiFi側の設定が終わったら、続いてはPS4です。

手順1
PS4を起動して「設定」メニューへ
設定メニューの「ネットワーク」を選択しましょう。
手順2
インターネット接続
「インターネット接続を設定する」をクリックし、「WIFiを使う」を選択します
手順3
各種設定
かんたん設定がある場合は「かんたん」を選びます。ない場合は、表示される「接続可能なSSID」一覧の中から、所有しているポケットWiFiのSSIDを選択しましょう。パスワードを入力すれば完了です。
手順4
WPSボタンをクリック
最後に「WPSボタンを使って設定する」を選び、PS4の設定は完了です。

クレードルを使う場合は、手順2で「LANケーブルを使う」を選びましょう。その後「かんたん」を選べば、PS4が自動で接続してくれます。

ポケットWiFiでPS4を快適にプレイするための方法

ポケットWiFiでPS4を快適にプレイするために、以下の方法を紹介します。

  • クレードルを利用してポケットWiFiを有線接続する
  • 周波数を5GHzにする
  • ポケットWiFiをPS4に近づける
  • ポケットWiFiにPS4のみを接続する
  • 大容量・無制限のポケットWiFiを使う

プレイ中の不具合を予防するために、ぜひ試してみてくだい。

クレードルを利用してポケットWiFiを有線接続する

ポケットWiFiは無線接続のため、通信が不安定になりやすいと言われています。そのため、快適にプレイするためには「クレードルを利用した有線接続」がおすすめです。

PS4のプレイは、Ping値がポイントとなります。Ping値は有線接続の方が安定しやすいので、試してみてください。

クレードルはネット通販で手軽に購入できます。

周波数を5GHzにする

ポケットWiFiでPS4を快適にプレイするためには、周波数を5GHzにする方法もあります。WiFiの電波には「2.4GHz」と「5GHz」の周波数帯が存在し、後者は高速通信が可能です。

また5GHzはWiFi専用の周波数なので、電波干渉が起こりにくいです。周波数が2GHzになっている場合は、5GHzに変更しましょう。

ただし、5GHzの周波数に対応していないポケットWiFiもあります。端末のWiFi規格に記載のある番号を確認してみてください。

WiFi規格対応周波数
11ac / 11a5GHz
11g / 11b2GHz
11ax / 11n2GHz / 5GHz

ポケットWiFiをPS4に近づける

PS4を快適にプレイしたいなら、ポケットWiFiを近づけて使いましょう。ポケットWiFiとPS4の間に障害物があると、電波を遮ってしまう可能性があるからです。

特に、高速通信が可能な5GHの周波数は障害物に弱いという特徴があります。また電波が遠くまで届きにくいため、離して使うと通信が不安定になります。

ポケットWiFiでPS4をプレイする場合は、同じ部屋で障害物のない環境で使いましょう。

ポケットWiFiにPS4のみを接続する

ポケットWiFiでPS4をプレイする際には、複数のデバイスを繋がないようにしましょう。複数の端末に接続すると、端末とルーターの橋渡し役である「アクセスポイント」が混雑しやすくなります。

アクセスポイントが混雑すると、Ping値が安定・改善されません。PS4のプレイにはPing値が重要なので、「通信が安定しない」と感じたら複数接続していないか確認してみてください。

大容量・無制限のポケットWiFiを使う

PS4を快適にプレイするためには、大容量・無制限のポケットWiFiを使うのが重要です。

消費する通信量はゲームによって異なりますが、極端に少ないと通信制限になる可能性があります。

PS4対応タイトルの通信量は少なめですが、定期的に行うアップロードやダウンロードの消費量は10GB程度と大きいです。ストリーミング形式のオンラインゲームサービスも大容量を消費します。

快適にプレイするために、ポケットWiFiの「大容量・無制限プラン」を契約しましょう。

PS4をプレイする方が契約すべきおすすめのポケットWiFi5選

PS4をプレイする方に、おすすめのポケットWiFiを紹介します。

  • Broad WiMAX
  • Mugen WiFi
  • それがだいじWiFi
  • WiFiレンタルどっとこむ
  • どんなときもWiFi

それぞれ口コミとともに解説するので、ポケットWiFi選びの参考にしてみてください。

Broad WiMAX

Broad WiMAXのポイント
・WiMAX満足度NO.1
・条件適用で初期費用が20,743円割引
・初回最大3カ月2,090円〜使える

Broad WiMAXは、株式会社リンクライフが運営するポケットWiFiです。超高速通信を無制限で使え(3日で15GBの制限あり)、WiMAX満足度1位を獲得しています。

また、いくつかの条件(指定プラン・初回オプションなど)をクリアすれば、初期費用が20,743円割引されます。さらに最大3ヶ月間「無制限2,090円」で利用できるので、非常にお得です。

「ギガ放題プラスDX」は通信速度下り最大2.7Gbpsなので、PS4を快適にプレイできるでしょう。通信制限は3日15GBで、他社と比較しても使いやすい設定となっています。

Broad WiMAXはサポートも手厚いと定評があります。

broadWiMAXの公式サイトを見る

【辛口】Broad WiMAXの口コミ・料金・キャンペーン等を徹底解説 【辛口】Broad WiMAXの口コミ・料金・キャンペーン等を徹底解説

Mugen WiFi

Mugen WiFiのポイント
・月100GBの大容量
・1日◯GBや3日◯GBの通信制限なし
・最大10,000円のキャッシュバックキャンペーンでお得

Mugen WiFiは、株式会社surfaveが提供するポケットWiFiです。

月100GBプランのみでわかりやすく、キャッシュバック適用で実質料金3,438円(月額)と業界最安値級を誇ります。

Mugen WiFiでは、「1日◯GB」などの通信制限がありません。そのため「休日にまとめてPS4をプレイしたい!」という人でも安心です。

通信速度は「下り最大150.0Mbps / 上り50.0Mbps」で、通常時でも十分な速度が出ています。月額660円で「2年間縛りなしプラン」も契約できるので、解約金を気にせず利用できるでしょう。

Mugen WiFiは、30日間のお試しキャンペーンも実施しています。

Mugen Wifiの公式サイトを見る

【徹底解説】Mugen WiFiの評判・口コミを調査!特徴や料金についてわかりやすく解説 【徹底解説】Mugen WiFiの評判・口コミを調査!特徴や料金についてわかりやすく解説

それがだいじWiFi

それがだいじWiFiのポイント
・月最大100GBがずっと3,718円
・オプションサービスの補償内容が充実
・期間限定のキャッシュバックキャンペーンあり

それがだいじWiFiは、ソリューションネットワーク株式会社が提供するポケットWiFiです。プランは、月50GB(2,948円)と月100GB(3,718円)の2つから選べます。

料金はずっと変わらず、使い続けやすいというメリットがあります。通信速度は「下り最大150Mbps/上り最大50Mbps」と速く、連続で最大12時間使える点も特徴です。

また、それがだいじWiFiの補償オプションは「故障や破損、水濡れや紛失」まで、ほぼすべての「万が一」をカバーしています。

2021年12月31日まで、プランに合わせたお得なキャッシュバックキャンペーンを利用できる点も魅力です。月間100GBプランは、最大10,000円のキャッシュバックを受けられます。

それがだいじWi-Fiの公式サイトを見る

【無制限】それがだいじWiFiの評判・口コミを徹底解説 【無制限】それがだいじWiFiの評判・口コミを徹底解説

WiFiレンタルどっとこむ

WiFiレンタルどっとこむのポイント
・最短1日からレンタル可能
・大手キャリアの回線から好みの端末を選べる
・返却はコンビニや空港カウンター、宅配などで簡単

WiFiレンタルどっとこむは、株式会社ビジョンが提供するポケットWiFiサービスです。

好きな端末を1日単位でレンタルできるので、引越し時や外出先などで短期間だけ使いたい場合でも気軽に利用できます。

料金は端末によって異なりますが、1日500円前後でレンタル可能です。割引キャンペーンを実施する機会も多いので、気になる人はチェックしてみましょう。

WiFiレンタルどっとこむでは、Softbankやauなど大手回線を使用した端末が豊富です。無制限かつ高速通信の端末も取り揃えているため、PS4で快適に遊べます。

返却は、全国のコンビニや空港カウンターから可能です。海外で使える端末もあるので、気になる人はチェックしてみてください。

WiFiレンタルどっとこむの公式サイトを見る

【評判悪い?】WiFiレンタルどっとこむの実態と口コミから分かる特徴と注意点を解説 【評判悪い?】WiFiレンタルどっとこむの実態と口コミから分かる特徴と注意点を解説

どんなときもWiFi

どんなときもWiFiのポイント
・最短1日(半日)からレンタルできる
・端末代金や契約事務手数料、契約解除料が一切不要
・最短即日発送

どんなときもWiFiは、株式会社 グッド・ラックが提供するポケットWiFiサービスです。最短1日(半日)からレンタル可能で、好みの通信量・レンタル期間で利用できます。

プランは「デイリータイプ」と16日以上お得な「マンスリータイプ」の2種類です。1日3GBのデイリータイプは330円、1日5GBなら440円から利用できます。

当日12時までの申込みで、最短当日発送してもらえる点も魅力です。使用後は、発送時に同梱されている「レターパックプラス」でポストから簡単に返却できます。

どんなときもWiFiの公式サイトを見る

【辛口】どんなときもWiFiの口コミは?徹底的に調査してみた 【辛口】どんなときもWiFiの口コミは?徹底的に調査してみた

ポケットWiFiでPS4をプレイする際の注意点

ポケットWiFiでPS4をプレイする際には、いくつかの注意点が存在します。

  • APEXなどのオンラインゲームは有線接続でプレイする
  • ダウンロードやアップデートは計画的に行う
  • 実際に遊んで遅いと感じたらポケットWiFiの変更を検討する

上記に注意し、快適なプレイを楽しみましょう。

APEXなどのオンラインゲームは有線接続でプレイする

ポケットWiFiでPS4をプレイする際の注意点は、APEXなどのオンライゲームは有線接続で行う点です。

チームで戦うAPEXなどのオンラインゲームは、通信が不安定だとラグが起きやすく、プレイ時にストレスを感じてしまいます。

クレードルやLANケーブルの使用がおすすめです。

ダウンロードやアップデートは計画的に行う

ダウンロードやアップデートを計画的に行うことも重要です。PS4のダウンロード時などには、多いと10GB以上も消費するからです。

例えば「3日10GBの通信制限」がある場合、ダウンロードやアップロードのみで超過してしまいます。

実際に遊んで遅いと感じたらポケットWiFiの変更を検討する

各種ポケットWiFiは、使う場所や契約プランによって使い勝手が異なります。実際に遊んで「遅い!」と感じたら、ポケットWiFiの変更を検討しましょう。

「縛りなしオプション」への加入や、契約縛りのないポケットWiFiを契約しておくと安心です。

また、ポケットWi-Fiのレンタルサービスなら解約金が発生しません。「まずは1度試してみたい」という場合は、レンタルサービスや「お試しキャンペーン」の利用なども検討してみてください。

解約金が発生しないなら気軽に利用できるね!

まとめ:ポイントを押さえてポケットWiFiでもPS4を楽しもう

ポイントを押さえれば、ポケットWiFiでもPS4を楽しめます。ただし、いくつか注意点があることを予め理解しておきましょう。

ポケットWiFiを使用する際には、通信速度や容量・Ping値などを把握しておくと安心です。また有線で通信を安定させる方法もあるので、通信が安定しない場合は試してみてください。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *