Byline v3.0: GoogleReaderのRSSリーダーではすでに神のアプリ。パワーアップ内容をご紹介。1169

byline

GoogleReader専用のRSSリーダーとして、多くのユーザーから「神」としてあがめられているByline

本日バージョン3.0にアップデートされ、なんと15個もの新機能が追加されました!スゴイ!早速ご紹介。


バージョン3.0の新機能、15種類とはスゴイですね。気合いを感じます。この記事では、これらの機能を可能な限り画像を交えて紹介していきます!

個人的に「良い!」と感じたのは、以下の2つの機能。

  • 個別のフィードごとにWebページキャッシュを有効にしたり無効にしたりを設定できる機能
  • 記事本文が意図的に削られているフィードのみを自動的に選別してキャッシュする機能

この二つがあると、例えば「RSSで全文配信している文字中心のサイトはキャッシュなしにして、RSSで全文配信をしていないサイトや、WebサイトのビューでみたいサイトだけをWebページキャッシュする」といった使い方が出来ますね。これは嬉しい人には嬉しいのではないでしょうか。

あとは「メインフォルダ」機能ですね。「メインフォルダ」として指定されたフォルダ内のフィードのみを同期することが可能となっています。Bylineでみるフィードと、PCでみるフィードをわけたりできそうでいい感じですね。

それでは画像を交えてご紹介!!


Byline

(左) 簡単なスワイプジェスチャによる素早いアイテムの閲覧が可能に!(右)フォルダの画面で、個別のフィード毎の閲覧が可能に!

byline
byline


Twitter, Instapaper, Read It Laterとの連携機能が追加!

byline
byline


(左)アイテムにスターを付けたり、未読/既読の設定をする編集モードが一覧ビューに追加!(右)個別のフィードごとにWebページキャッシュを有効にしたり無効にしたりを設定できるように!こんなマニアックな機能まで実装するなんて凄いな。

byline
byline


byline

さらに、モバイル向けデザインでWebページをキャッシュする事が可能になりました。加えて、記事本文が意図的に削られているフィードのみを自動的に選別してキャッシュできるようになったようです。


また、「メインフォルダ」機能が追加!「メインフォルダ」として指定されたフォルダ内のフィードのみを同期することが可能になりました。使い方としては、Bylineでみるフィードと、PCでみるフィードをわけたりできそうですね。

byline
byline


(左) 「未開封にする」ボタンをアイテム表示画面が追加されています。(右)アイテムのリンクをクリップボードにコピーする機能が追加されています。

byline
byline


これに加えて、同期・キャッシュ速度が速くなったり、グラフィックが洗練されたりしています。素晴らしい!神がより神中の神へとどんどん進化していきますね。全てのアップデートをおさらいも兼ねてリストアップすると、以下の通りです。確認したい方はご覧下さい。

  • 簡単なスワイプジェスチャによる素早いアイテムの閲覧を実現しました。
  • フォルダ毎に加え、個別のフィード毎の閲覧が可能になりました。
  • Twitter, Instapaper, Read It Laterとの連携機能が追加されました。
  • アイテムにスターを付けたり、未読/既読の設定をする編集モードが一覧ビューに追加されました。
  • 同期速度、キャッシュ速度を改善しました。また、Instapaper Mobilizerを使ってモバイル向けデザインでWebページをキャッシュする事が可能になりました。
  • 統計的解析により、記事本文が意図的に削られているフィードのみを自動的に選別してキャッシュできるようになりました。
  • 個別のフィードごとにWebページキャッシュを有効にしたり無効にしたりを設定できるようになりました。
  • バッテリーが半分以上残っている場合、画面をロックしてもキャッシュを実行し続けるようになりました。
  • 「メインフォルダ」機能を追加しました。「メインフォルダ」として指定されたフォルダ内のフィードのみを同期することができます。
  • 最大1000件まで一度に表示する事が可能になりました。
  • 「未開封にする」ボタンをアイテム表示画面に追加しました。
  • アイテムのリンクをクリップボードにコピーする機能を追加しました。
  • アイテムをメールで送信する際に、全文をメールに含めるようになりました。また、Byline内から送信できるようになりました。
  • Google リーダー内でフィード名を変更した場合、その変更した名前を表示するようになりました。
  • アプリのアイコンとその他のグラフィックをさらに洗練させました。
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!