[iPad] Documents To Go® Premium – Office Suite: ワード、エクセル、パワポ編集では現在最強!2173

MS Officeの編集系アプリでは、現在明らかに最強なのがこの、Documents To Go® Premium

DocumentsToGo


Documents To Goの3ポイント紹介

  • iPadのワード、エクセル、パワポ編集では現在最強
  • パソコンやiPhoneとのデータのやりとりがカンタン
  • ユニバーサルアプリ。iPad・iPhone両方で使える

.doc、.ppt、.excelの編集系アプリとしては現在最強。値段はOffice² HDの倍以上ですが、それだけ高性能です。

ただし、MS Office編集系アプリはまだまだ発展途上。できないこともあります。購入を検討している方は、レビューをきっちり読み込んでください。

良い点・悪い点、きっちり詳しくレビューしました!
いつもより画像数も多いです!ご覧下さい。


 Documents To Go® Premium

Documents To Go。この画面を見ると、仕事するぞー!という気持ちになります。

DocumentsToGo


起動するとフォルダが3つ。「Local Files」「Desktop Files」「Online Files」。一つずつ見ていきます。

DocumentsToGo


Local Files:アプリ内で作成した資料の保存フォルダ
Desktop Files:パソコンと同期できるフォルダ
Online Files:オンラインサービス(Dropboxなど)と同期できるフォルダ

Local Files

このフォルダには、サンプル資料が用意されています。早速見てみましょうか。

DocumentsToGo


まずは「.doc」。画像の挿入、リスト、(みえませんが)テーブル、文字の装飾などが利用可能です。

DocumentsToGo


拡大すると、端で折り返してくれます。見やすいですね。(日本語ももちろん入力可能です)

DocumentsToGo


次は「.xls」。グラフとマクロが使えませんが、関数や、複数Sheet、行列の幅の調整などは可能です。

DocumentsToGo


「.ppt」。パワポについては、タイトルと一部テキストを編集できます。グラフは触ることが出来ません。右側にメモができます。

DocumentsToGo


スライドの一覧表示をすることも可能です。流れをチェック!

DocumentsToGo


さて、ファイル一覧に戻りました。今度は、右下のボタンをタップしてみましょう。

DocumentsToGo


すると、ファイル作成画面が出てきます。ここで作れるファイルは、Word、Excel、Powerpoint。そしてメール添付機能!

DocumentsToGo


メール機能を使うと、Documents To Go内にあるファイルを添付して送ることが出来ます。下図のように、送信したいファイルを選べます。

DocumentsToGo


Desktop Files

パソコンとDocuments To Goを連携させるには、まず、トップに戻ります。そして、左上のボタンをタップ。

DocumentsToGo


設定が表示されるので、「Add New Desktop…」を選択しましょう。

DocumentsToGo


すると、Desktop Appという画面が表示されますので、入力しましょう。すると・・・

DocumentsToGo


パソコンとアプリを連携させるツールをダウンロードするリンクが送られてくるはずです。それをダウンロードして、起動させましょう。

起動すると、下のような画面が表示されるはずです。

DocumentsToGo


まず、パソコンとアプリを同期させるフォルダを作成しましょう。

初期フォルダ「My DocsToGo」を利用するか、左下の「Add Folder」から、パソコン内のフォルダを選択しましょう。

DocumentsToGo


次は、アプリにいって、再度「Add New Desktop…」を選択。下のような画面を表示させます。

DocumentsToGo


またこの画面に戻ってきて、右上のSyncをタップ。すると・・・

DocumentsToGo


このように、iPadを選択する画面が表示されますので、選択してNext。先ほどの4つの数字を入力して、同期が完了です。

DocumentsToGo


色々とファイルを同期してみました。

DocumentsToGo


嬉しいのが、パスワード付きのpdfやdocなどに対応している点ですね。

DocumentsToGo


色々なファイルを開いてみましたが、日本語の「.txt」は読めませんでした!「UTF-8」にしてもダメ。このアプリでは、日本語テキストは読めないと考えてください。

Online Files

最後に、オンラインサービス連携。対応しているのは以下の6つ。

DocumentsToGo


GoogleDocsとDropboxを登録しました。オンライン連携ができると、作業のコラボレーションができて最高ですね!!

DocumentsToGo


設定画面で一つ補足。上から2番目の「New File Format」。ここを変更すると、「.doc .ppt .xls」を作るのか「.docx .pptx .xlsx」を作るのかを変更できます。

DocumentsToGo


縦でも使えます。

DocumentsToGo
DocumentsToGo


MS Officeファイル作成の詳細!

.doc .ppt .xlsを作れるということですが、どれくらい自由に編集ができるのかをカンタンにご紹介していきます。

ワードの作成

文字を太字にしたり、フォントを変えたりといったことができます。ただし、日本語入力にはバグがありました。(変換対象の長さを変えようとすると、平仮名のまま確定してしまいます)

DocumentsToGo


箇条書き、レベルの上げ下げも簡単にできます。

DocumentsToGo


さらに、文字の検索と置換ができます。置換ができるのは嬉しい!

DocumentsToGo


文字カウントもしてくれます。いいアプリです。

DocumentsToGo


なお、画像の挿入が出来ないようでした。

エクセルの作成

文字種類の変更はお手の物。

DocumentsToGo


行・列の枠を固定することもできます。なお、グラフは扱えません。

DocumentsToGo


行・列を隠すこともできます。結構本格的だ。

DocumentsToGo


複数のシートを扱うことも可能です。

DocumentsToGo


パワポの作成

パワポにおいて出来ることは、目次(タイトル)の作成と、簡単な箇条書きの作成です。

DocumentsToGo


こちらが、目次(タイトル)と、箇条書きの作成画面です。

DocumentsToGo


白紙のページを作ったり、ページをコピーすることが出来ます。

DocumentsToGo


最後のページとして、タイトルに「test」、箇条書きに「test」と入力すると・・・

DocumentsToGo


このように表示されます。.pptで編集できるのはこれだけです。簡単な調整、といった感じでしょうか。(右側にあるメモの編集も出来ます)

DocumentsToGo


以上です!

非常に高機能で、使いこなすのが大変なほどですね。さすがだと思いました。
仲間と一緒にファイルの編集をしたり、部下の資料の確認をするといったことであれば大活躍でしょう。

ぜひ、あなたのビジネスにお役立てください!


 Documents To Go® Premium
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ