みなさん、iPad版GarageBandのプロジェクトを、Mac版GarageBandで読み込めるようになりましたよ!

GarageBand for iPad Update


iPad版 GarageBand 、本当に楽しめるアプリですよね?いつでもどこでも思いついたアイディアをメモしておけるし、アンプシミュレータを使ってギターまで録音できちゃう。そしてiPadで作ったプロジェクトをMac版GarageBandで読み込んで編集も…できなかったんです。。

iPad版GarageBandがリリースされた際には「できます」と書いてあったのに、いざやってみるとできなくて、みなさんがっかりされたかと思います。

なんと、本日Mac版GarageBandがアップデートされv6.0.2となりました!
アップデート内容は、もちろんiPad版GarageBandプロジェクトの読み込みに対応!!

やった!やったぞ!!

これでiPadで作成したプロジェクトを編集することができます!Smart Drumsで簡単に作成したドラムパターンも、しっかりとピアノロール画面で編集できちゃいますよ!!

残念ながら、Mac版GarageBandで作成したプロジェクトをiPad版GarageBandで読み込むことはできません。

さっそく、iPad上で作成したプロジェクトを読み込む方法をご紹介いたします!
Macでソフトウェアアップデートを実行して、GarageBandを最新バージョンにするのをお忘れなく。

GarageBandの特集記事はこちらからどうぞっ。
GarageBand: いつでもどこでも、iPadだけで音楽制作できる時代がやって来た!
GarageBand特集 第1回: Smart Drums機能を使って、本格的なドラムパターンをサクッと作る。887


GarageBand

さっそくMacに取り込んでみましょう!

プロジェクト画面から取り込みたいプロジェクトを選択し、画面下部から【iTunesに送信】をタップします。

GarageBand for iPad Update


この画面が出てきたら右側の【GarageBand】をタップします。
すると数秒でファイルを作成してくれます。

GarageBand for iPad Update


準備が完了したら、iPadをMacに接続しましょう。
もちろん始めから接続してあってもかまいません。

iTunesの【App】タブの【ファイル共有】からGarageBandをクリックして選択した状態にすると、先ほどiPad上で作成したプロジェクトが見えるようになります。【保存先】をクリックしてファイルを保存しましょう。

GarageBand for iPad Update


よっしゃ、そうしたらMacでGarageBandを起動しましょう。
【既存のファイルを開く…】から先程保存したファイルを開きます。

GarageBand for iPad Update


僕はデスクトップに置いておきましたので、ここから開きます。

GarageBand for iPad Update


するとプロジェクトとして保存するよう言われます。
名前を変更したい場合は適宜変更し、【保存】ボタンをクリックしましょう。

GarageBand for iPad Update


すると、どうでしょう、読み込めました!
やった!やったぞ!!

GarageBand for iPad Update


ドラムパターンもピアノロール画面でばっちり編集できちゃいます。
思いついたアイディアをiPadでメモして、そのアイディアをMacのGarageBandでさらに良いものにする、こんなことが本当に実現できるようになったのですよ!

GarageBand for iPad Update


以上です。

サポート情報に「そのうちアップデートするから待っててね。」とあり、いつアップデートされるのかとずっと待っていたのですが、思いの外すぐにアップデートされ安心しましたよ。

すでにiPad版GarageBandで楽しまれている方は、もっと楽しくなりますね!

あれ、まだiPad版GarageBand、購入されていないのですかっ?
安心してください、これで買わない理由はなくなりました!サクッとポチって、素晴らしいGarageBandライフを送りましょう!!


GarageBand
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!