[iPad] 3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応): 翌月・翌々月の予定をチェックしつつ、今月の予定を整理できる。1201

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


標準のカレンダーアプリに足りないのは一覧性です。1ヶ月の予定までは見通せますが、それ以上先となるとお手上げ。翌月や翌々月の予定を見つつ、今月の予定を整理したり、新たに組み直したりする際には不便極まりません。

そこでオススメしたいのがこの3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)です。

その名の通り、一目で3ヶ月分の予定をチェックできます。さらに設定アプリにて購読・同期しているカレンダーの予定を表示・編集したり、予定を追加したりできる優れもの。煩わしい初期設定は必要なく、アプリを購入して起動した瞬間から使い始められます。


3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)

一目で3ヶ月間の予定をチェックできます。数日間に及ぶ予定は開始日に件名が表示され、終了日まで矢印が伸びます。左右にスワイプすると前後の月の予定が表示されます。

一日の予定を詳しく見たい場合は特定日の欄を選択して右上のボタンをタップします。
すると…

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


その日の予定を詳細に表示してくれます。ここから予定の編集・追加、さらには欄の表示色を変えたり、アイコンを追加したりできます。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


予定の編集画面は標準のカレンダーアプリと同様のものです。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


欄に設定できる色は全部で8色。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


アイコンは多種多様なものが収録されています。その日、一日の予定を表すようなアイコンを入れておくと、わざわざ詳細画面で予定内容をチェックする必要がなくなりますね。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


詳細画面の予定を長押しすると「DONE」マークが付加されます。時間よりも早く予定が済んでしまった場合に使うと便利な機能です。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


詳細画面の歯車ボタンをタップすると、六曜を表示したり、各予定に開始時刻を表示したりとカレンダーの表示設定を変更できます。このアプリで表示するカレンダーを選択することも可能です。プロジェクト毎にカレンダーを使っている方には便利ですね。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


なお、表示するカレンダーは3ヶ月画面と詳細画面とで異なる設定にできます。3ヶ月画面では「仕事」、詳細画面では「プライベート」といった具合に使い分けが可能です。

設定で「バッジ」をオンにすると、ホーム画面に並ぶアイコンにバッジが追加されます。このバッジの数字はその日の日付を表しています。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


日付は自動では更新されません。日付が変わってからアプリを起動する必要があります。

予定の追加には詳細画面右上の+ボタン、あるいは予定を追加したい日の欄を長押しします。そうすると標準のカレンダーアプリと同様の追加画面が表示されます。

3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)


連続して予定の追加・編集を行うとアプリがクラッシュすることがまれにありますが、それ以外については概ねストレス無く機能します。

iPad の大画面を最大限活用して予定管理をしたい方や、3ヶ月間の見通しを常に明らかにしておきたい方にはうってつけのカレンダーアプリですね。


3ヶ月カレンダー (iPhoneカレンダー対応)
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ