Siriを、AppleのCM通りに使う方法。【訴訟する前に】

ついに日本語のサービスが開始したSiri。
AppBank女子本部ではキャーキャー言いながら毎日使っています。

そんなSiriに関して、意外なニュースが入って来ました。


「iPhone 4S」を購入したFrank Fazio氏は同ソフトウェア機能について、Appleのテレビコマーシャルのように動作しないと話す。そして、同氏はカリフォルニア州北地区米連邦地方裁判所でAppleを提訴した。

引用元:アップル、「Siri」がCMのように動作しないと訴えられる – CNET Japan

CMの通りに動作しない?
ほんとうにそうなのでしょうか。
さっそくSiriに聞いてみましょう。

実際にCMの通りにSiriに聞いてみた(動画)


一つ一つ、注意すべきポイントを確認

母からのメールを確認する場面

AppleのSiriのCMを再現してみた (1)
CMでは「レシピのメールってお母さんから来てる」と話しかけています。

この問いかけをCM通りにSiriが答えれる条件は3つです。
・「自分の情報」の続柄「母」が登録されている
・新着(未読)メールに「母」からのメールがある
・件名や本文に「レシピ」を含むメールがある


続柄の設定はこちらの記事を参考に設定してください。
【Siriの認識力をUPさせる技】認識されにくい名前や、呼びづらい名前の人は、ニックネームを入力しよう!!

そしてもう一つの準備、新着メールの作成です。
事前に連絡先に「AppBank 女子本部」と登録したメールアドレスからメールを自分へ送っておきました。

今回、CMの通りにSiriが答えてくれるか検証するために
「レシピのメールってAppBank 女子本部から来てる」
と話しかけました。

結果はCM通り、指定した人からの新着メッセージで「レシピ」を含むメールを表示してくれました。


週末の京都の天気を確認する場面

AppleのSiriのCMを再現してみた (2)
CMでは「週末京都は晴れるかな」と話しかけています。

この問いかけのポイントは以下の2点です。
・「週末」という日時を指定したキーワード
・「京都」という場所を指定したキーワード

場所を告げずに「週末の天気は?」と聞くと、日本では位置情報をサポートされていないので、答えてくれません。

まったく同じように私もSiriに「週末京都は晴れるかな」と聞いてみました。
CMを撮影した時の京都の天気は晴れだったようですが、私が聞いたときは雨なので、応答結果は多少違いました。

でも、正確に「週末(土日)」の天気についての回答を得られました。


キュビズムって何?と聞く場面

AppleのSiriのCMを再現してみた (3)
CMでは「キュビズムって何?」と話しかけています。

画廊でわからない言葉をみつけたのでSiriに質問しているようです。
CMの中では聞いた後、どのようになるのか画面が紹介されていませんでした。
私もまったく同じように聞いてみました。

結果は「キュビズム」についてWebで検索することを案内されました。
Siriがわからない言葉は「Webで検索しませんか?」と案内されるようです。


試しに「iPhoneって何?」と問いかけてみると、「Apple製品について知っておいた方がいいことは、全部AppleのWebサイトに書いてありますよ」と案内されました。
なんでもかんでも「Webで検索」を案内するわけではないようです。


クライアントとの予定を確認する場面

AppleのSiriのCMを再現してみた (4)
CMでは「クライアント到着予定は何時」と話しかけています。
スケジュールを確認する問いかけを実現するシーンです。

Siriが案内できるスケジュールの情報は「直近」の予定になります。
Siriに尋ねている時間以降で「クライアント到着予定」の前に、スケジュールが登録されていると、そちらを案内してしまいます。

また、時間を指定いていないスケジュールが登録されている場合、「何時?」と聞いても「予定が1件あります」と言うだけで終わります。


CMでは、Siriがどのように返してくれるか紹介されていませんでしたので、とりあえず試してみます。

適当なタイトルで時間を指定してスケジュールを登録して、CMと同じように「クライアント到着予定は何時」と聞いてみました。
結果、「予定は今日の午後9:50からです」という案内をしてくれました。


スケジュール共有している人との目的地を聞く場面

AppleのSiriのCMを再現してみた (5)
CMでは「不動産屋さんとどこで合う約束だっけ」と話しかけています。

先程と同じようにスケジュールの確認ですが、今回は「時間」ではなく以下の2点がポイントになる使い方です。
・◯◯さんとの予定、という予定の参加者が登録されている
・予定に「目黒駅」など場所が登録されている

たくさん予定を登録している中から、目的の予定について聞きたい時、便利に使えそうな技です。


カレンダーアプリでスケジュールを登録するとき、「予定の参加者」を登録する項目があります。
この機能を使って「◯◯さんとの予定」について、Siriを使って確認できるようになります。

ただし、現時点では、iCloudのアカウントで作成された予定のみSiriは検索サポートしているようです。
Gmailのアカウントで作成したカレンダーで「参加者のいるスケジュール」を作成してもSiriは正しく検索してくれませんでした。

また、今回の質問の場合、スケジュールに目的地を設定していなければ具体的な場所は案内してくれません。
場所の登録がない場合、該当スケジュールを表示して「目的地は登録されていません」と案内されます。


友達を探すを使って友達の位置を確認する場面

AppleのSiriのCMを再現してみた (6)
CMでは「兄ちゃん、今どこにいる」と話しかけています。

こちらはAppleの純正アプリ「友達を探す」とSiriの連携ができる操作方法です。
と、言うことで、CM通りに使うためには2つの準備ポイントがあります。
・Appleのアプリ、「友達を探す」をダウンロードしていること
・探したい友達が登録されていること

ただし、相手が長時間、位置情報取得不可能な状態にしているときや、位置情報送信をオフにしていると正確な位置は表示してくれません。


「友達を探す」の詳細の使い方はこちらをご覧ください。
[iPhone, iPad] 友達を探す: 自分やお友達の位置情報を簡単に共有できる、Apple純正アプリ。無料。 – AppBank

兄の居場所なんて知りたくないので、私はまおちゃんやマミルトンの居場所を聞いてみました。
まおちゃんは位置情報をオフに設定していたので、正確な位置は案内されませんでした。
でも、友達を探すアプリの画面とまおちゃんの登録情報が呼び出されました。

マミルトンで試したときは、問題なく場所まで案内されました。
こちらも問題なく動作するようです。


全部問題なくSiriは答えてくれる!

ちゃんとiPhoneに予定を登録したり、設定をしていると、少なくとも日本ではSiriはCMの通り使えました。

便利な機能が一杯のSiriの使い方は他にも色々ご紹介しているので、こちらもチェックしてみてください。
Siri情報まとめ。使えない時の設定方法、使い方のコツ・小技など

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ