Apple、青森のリンゴ農家買収計画を発表。

*注意*
この記事はエイプリルフール企画によるものです。記事内に書かれている内容は全てウソです。Appleがリンゴ農家を買収するという計画は存在しません。

エイプリルフール企画に関する詳細はこちらの記事からどうぞ。
【エイプリルフール】AppBankによせられた「Apple製品に関するウソ」をご紹介!

Apple、青森のリンゴ農家を買収

先日、Appleは保有する大量のキャッシュ(現金)の使い道として「株主配当」と「株式の買い戻し」を行うことを発表しました。

新技術をもつ企業の買収なども行っていくのではないか、と予想されていましたが、ここにきて突然青森のリンゴ農家を大量に買収するという発表を行いました。

なにやら、とてもAppleらしい「リンゴ」を開発していくそうです。


世界で最も先進的なリンゴ

コンピュータも音楽プレイヤーも携帯電話も、もともとあったモノを「より良くする」のがAppleです。もちろんリンゴだとしても例外ではありません。

いくつか特徴をあげてみます。

  • Appleロゴとよく似た形状
  • 非常に「Awesome」な味
  • 今後、全てのApple製品に同梱


Appleロゴとよく似た形状

独自の新技術を用い、かじったようなアトがあり、ヘタの部分にはヘタではなく葉がついている、同社のロゴマークと非常に似ているリンゴのようです。

さらに、大きくなるにつれ、「黄緑」→「虹のような6色」→「銀色か灰色」と色が変化し、最終的に赤へと育つリンゴは「目に見えて革命的」とのことです。


「Awesome」な味

事前にプロトタイプを試食した業界関係者によると、味は非常に「Awesome」で、親子2代にわたってリンゴ農家を経営している斉藤康則(さいとうやすのり)さんも「史上最高のリンゴです。」と讃えるほどのおいしさとのことです。(斉藤さんは現在、千葉にお住まいです)


今後、全てのApple製品に同梱

今後、安定供給されるリンゴを全てのApple製品に同梱しようと考えているようです。

なお、今まで同梱されていた使い道のわからないステッカーは廃止されるとみられています。どんどんたまっていく一方のステッカーとは異なり、食べて消費することのできるリンゴになることは、多くのユーザーにとっても嬉しいでしょう。

熱心なAppleファンの多くは「よくApple製品を買うから、これでスーパーでリンゴを買う必要がなくなるよ」と楽しみにしているようです。


Appleは農業においても成功するのか?

音楽業界に革命をおこし、携帯電話を再発明したApple…リンゴから始める農業改革をも成功させるのでしょうか?今後の動向には目が離せませんね。

プレスリリースはこちらからどうぞ。

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!