iPhoneをもっと便利にするための「アプリ」って何だろう??前編。


こんにちは、momozowです。

iPhoneを使い始めると、耳にするアプリという単語。iPhoneを使うために必要なものなんだろうな…ということはわかるのですが、アプリとは一体何なの?

でも、iPhoneには説明書がないし…どうしたらいいんだ!

今日はそんな「アプリって一体何なの?」「アプリってどうしたら入手できるの?」という疑問にお答えしたいと思います!

「アプリ」とは?

PCには、もともと入っているソフトがありますが、例えば年賀状を作るときに、入っているソフトだけでは作れない場合はどうしますか?

多くの方は、年賀状用CD-ROMの「ソフト」をインストールして、年賀状を作る機能を追加すると思います。

iPhoneは小さなPCと同じ。もともと入っているソフトだけではやりたいことができないとき、「機能を付け加える為のソフト」=アプリなんです。


アプリを見つけるのは「App Store」から。

それではその「アプリ」はどこから入手すればいいのでしょうか?コンビニですか?電気屋ですか?…いいえ、そこでは入手できません。

答えは「App Store」という、iPhoneにもともと入っている「アプリ」から入手します。

iPhoneの画面の中にある「App Store」と書いてあるアイコンをタップしてみましょう!


「AppBank for iPhone」アプリをダウンロードしてみよう!

それでは「App Store」から、アプリをダウンロードしてみましょう!今回は私たちの「AppBank for iPhone」のダウンロード方法をご紹介します。


「検索」タブから「AppBank for iPhone」を探そう!

【検索】をタップすると、画面上部に入力画面が出てきます。


そこに「AppBank」と入力してください。

そしてキーボードにある【検索】をタップします。


お目当てのアプリ名が見つかったら、そこをタップしましょう。


アプリをダウンロードしよう!

アプリ名をタップすると、そのアプリの説明文を見ることができます。

ダウンロードをしたいときは、右上にある【無料】というマークをタップしましょう。


すると【サインイン】という画面が出てきました!

「Apple ID」と書いてあるけど、Apple IDって??


それでは今日はここまで。

「AppleID」を取得するにはどうしたらいいのか?は後半戦で解説したいと思います!お楽しみに!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!