iPhoneのバックアップをiTunesで作成する方法。(Windows編)


大切なiPhoneのデータをしっかりとバックアップしていますか?

突然iPhoneが壊れた、誤って大切なデータを消してしまった、「しっかりとバックアップしておけばよかった…」ということはけっこうあります。

また、iOSのアップデートに失敗してデータが消えた、新しいiPhoneを買ったので以前の環境を再現したい、という場合にも便利です。

というわけで、さっそく今使っているiPhoneのバックアップを作成しておきましょう!今回はWindowsでのバックアップ作成方法をご紹介いたします!

iCloudへのバックアップはこちらからどうぞ→iCloud に iPhone のバックアップを作成する方法。大切なデータを確実にバックアップしましょう。

バックアップからの復元方法を知りたい方はこちらです→iTunesに作成したバックアップからiPhoneを復元する方法。

iPhoneのバックアップ作成方法

【このコンピュータにバックアップを作成】に設定している人は、iPhoneをWindowsに接続するたびにバックアップが自動で作成されています。


作成されたバックアップはメニューの「編集(E)」→「設定(F)」→「デバイス」から、バックアップが存在するデバイスとバックアップ作成日を確認できます。


【iCloudにバックアップを作成】に設定している人は、一定の条件下でiCloudにバックアップが自動で作成されますが、iTunes上にはバックアップが作成されません。


しかし、バックアップを手動でiTunes上に作成することができます。

「デバイス」から接続しているiPhoneを右クリックし、【バックアップ】をクリックします。これでiTunes上にもバックアップが作成されます。


iTunesによるバックアップ作成の注意点

「アプリ本体」と「音楽」はバックアップに含まれません。アプリ本体と音楽は、復元完了後にiTunesライブラリから同期されます。

*バックアップに含まれるデータの詳細ははこちらのページの「iTunesのバックアップ対象」をご確認下さい→iTunes:iOS のバックアップについて


iTunes自体のバックアップも忘れずに

バックアップの作成はとても簡単なので、今すぐにやっておきましょう!バックアップからの復元方法は別の記事でご紹介します。少々お待ちください。

iTunes自体のバックアップも忘れずに!

iTunesのライブラリのデータを外付けHDDに移動させる方法(Windows編)

iTunesのライブラリのデータを外付けHDDに移動させる方法(Mac編)


バックアップ関連まとめ

バックアップ関連のまとめ記事はこちらからどうぞ→iPhoneの大切なデータをバックアップする方法まとめ!

AppBank 全力プッシュ!

セール/情報の新着記事