【iOS 6】iPad版Safariの新機能。iCloudタブやオフラインで読めるリーディングリストでもっと便利に。


みなさま、こんにちは。

iOS 6の新機能、今回はiPadのSafariについてご紹介させて頂きます。

iOS 6になりiPadのSafariでは、

  • iCloudタブで、iPhone・MacのSafariのタブと同期できる
  • オフラインでもリーディングリストが読める。

という機能が加わりました。さっそく詳しく見ていきましょう。

iCloudタブで、iPhone・MacのSafariとタブの同期が可能。

iOS 6では、iCloudタブという機能が追加。これは他の同じiCloudアカウントを使っているiPhoneやMacのSafariのタブと同期できる機能です。


iCloudタブ内にある項目をタップすると、他の端末で見ていたページを開くことができます。

また開けるタブの数は、最大9個から25個まで増えていました。


オフラインでもリーディングリストが読める。

Safariでページを開くには、当然インターネットの接続が必要です。しかし、リーディングリストに追加してけば、オフラインでもページが読めるようになりました!


リーティングリストに追加する

まずリーディングリストに追加したいページを出しましょう。そしてメニューを開き、【リーディングリストに追加】をタップします。


リーディングリストを開くときは、本のマークをタップし、メガネのマークのタブを開きます。

そして読みたいページを開きましょう。


すると保存したページがまるごと読めるので、電車の中などオフラインの場所でも閲覧できます。
*一部のページではうまく表示できないことがあります。


iCloudタブや、オフラインでのリーディングリスト閲覧可能など、Safariの使い勝手が向上しているのが実感できますね。

みなさんもiOS 6にアップデートし、使いやすくなったSafariを体験してみてください!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!