【iOS 6】iPadでの共有フォトストリームの使い方!特定の写真だけを共有できるので便利。


iOS 6で追加された共有フォトストリームについて詳しくご紹介致します。

「フォトストリームが共有される」と聞くと、一見他人にもフォトストリームが見えてしまうのでは?!と思ってしまいがちですが、そんなことはありません。

「選んだ友だちと、選んだ写真だけを、お互いに共有できる」とっても便利な機能なんです!これがあれば、撮った写真をあとで交換する必要がないんです。

ちなみに、共有フォトストリームはiCloudのストレージを使わないので、写真の共有は好きなだけ使えるそうです。またWi-Fiと携帯電話ネットワークの両方に対応しています。

さっそく詳しく見ていきましょう。

iOS 6のまとめはこちらからどうぞ→【更新中】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をチェックです!

共有フォトストリームの使い方

共有フォトストリームの設定をオンにする

【設定】から【iCloud】を開くと【フォトストリーム】がでてきます。


フォトストリームの中に【共有フォトストリーム】の項目がでてくるので、「オン」にしましょう。また、写真が全部フォトストリームに入って欲しくないという方は、【自分のフォトストリーム】をオフにしておきましょう。

自分のフォトストリームと、共有フォトストリームを分けて使えるのが、便利ですね!!


それでは、写真アプリを見てみましょう。上のタブに「フォトストリーム」の項目が増えます。左上の【+】をタップしましょう。


共有フォトストリームフォルダを作るには、共有したい相手に申請する必要があります。宛先に、共有したい人の宛先を設定しましょう。

ちなみに、共有する宛先はiPadで受け取れるアドレスならどのアドレスでも共有できました。フォトストリームの名前を決めたら、作成をタップしましょう。


共有を申請された側はメールにて招待状が送られてきます。参加を押すと、共有フォトストリームのこのページが開きます。


共有フォトストリームに写真入れる

次は、共有フォトストリームに写真を入れてみましょう。右上の【編集】をタップしましょう。


共有フォトストリームに入れたい写真を選択します。【送信】→【フォトストリーム】を選択します。


どの共有フォトストリームフォルダに入れるかを選択します。


あとはメッセージを入力して、【投稿】を押しましょう。


共有フォトストリームの機能

共有されると通知が届く

共有されると、このように通知が届きます。


また追加された写真は、「新規3件」のようにタブがつくのでわかりやすいです。


共有しているメンバーでコメントを残せる

右下の【+】をタップしましょう。


その写真にコメントや「いいね!」をつけられます。


iPhotoを使っていない人でもWebで見れます

共有フォトストリームの設定画面で【公開Webサイト】をオンにすると、Webからも見れるようになります。


【リンクを共有】を押しましょう。リンクの共有方法は、メール、メッセージ、Twitter、Facebookがあります。

iPadiOS6kyouyu-12KKK


Webでみるとこんな感じです

共有されたリンクにアクセスすると、このようにWebでみることができます。Macユーザーの方はiPhotoで見ることができますが、Windowsユーザーの方にこの設定は便利ですね。


共有フォトストリーム機能まとめ

  • Wi-Fiでも3G回線でも使える
  • 招待を送ったメンバーにだけ、共有される
  • 自分のフォトストリームと、共有フォトストリームを分けて使える
  • 共有されると通知が届く
  • 写真にコメントがつけられる
  • Macを使っていない人でもWebで見れる
  • 共有フォトストリームを作成した人しか、写真は追加できない。

iPhoneで撮った写真をiPadで見たいという方は多いでしょう!
フォルダごとに分けてフォルダを作れるので、そんな時こそ、この機能を使うととても便利ですね。

これまで自動同期されるフォトストリームに抵抗があった方でも、共有フォトストリームは写真が選べるので、オススメです。


iOS 6のまとめ記事

【更新中】iOS 6の使い方まとめ。新機能や便利機能をチェックです!

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ