Googleリーダーが7月1日にサービス終了。他サービスへの乗り換えに備えデータを保存しておきましょう!

AppBank の主任です。

Google が大掃除の一環として、Google リーダーのサービス提供を2013年7月1日に終了すると発表しました。理由は利用者数の低下とのこと。
Official Blog: A second spring of cleaning

Google リーダーとは、ウェブサイトの新着情報が分かる RSS フィードを登録し、確認できるサービス。多くのサイトを効率良くチェックするには不可欠なツールでした。

iPhone/iPad 向けにも Google リーダー対応のアプリが大量にリリースされています。例えば ReederBylineMr. Reader です。

サービスが終了するとこれまでにスターを付けたり、共有したアイテム・購読しているウェブサイトの一覧が閲覧できなくなります。

そこで Google Takeout を使い、これらの情報をダウンロードして PC に保存しておきましょう。購読リストも保存できるので別サービスに移る時も安心です。

livedoor Readerへ移行してみました→「Google リーダー」から「livedoor Reader」への移行方法。超簡単です。

Feedlyというサービスを使ってみました→[iPhone, iPad] Feedly: Google リーダー終了後も使えるPC、Mac、iOS、Android対応のフィード(RSS)リーダー。無料。

Google Takeoutにログインする

PC のウェブブラウザで以下のウェブページを開き、Google リーダーを使っている Google のアカウントでログインします。
Google データエクスポート

Googleリーダー


他のサービスのデータもまとめてダウンロードできますが、手早く作業を終えるには Google リーダーのデータのみをダウンロードしましょう。

【サービスを選択】をクリック。

Googleリーダー


【リーダー】をクリックします。

Googleリーダー


データの処理が始まります。「100%」になったらページを下にスクロールして、【アーカイブを作成】をクリックします。

Googleリーダー


ファイルが圧縮されるのを待ちます。「完了」となったら【ダウンロード】をクリック。

Googleリーダー


ZIP ファイルがダウンロードされます。これを解凍すると Google リーダーの情報を書き出したファイルが現れます。

Googleリーダー


購読リストは「subscriptions.xml」です。小生の環境では livedoor Reader でインポートすることができました。

Google リーダーのサービス終了は本当に残念です。Google リーダーの代わりとなるサービス・アプリがありましたらご紹介する予定です。

livedoor Readerへの移行方法

livedoor Readerへ移行してみました→「Google リーダー」から「livedoor Reader」への移行方法。超簡単です。

Feedlyというサービスが話題です

Feedlyというサービスを使ってみました→[iPhone, iPad] Feedly: Google リーダー終了後も使えるPC、Mac、iOS、Android対応のフィード(RSS)リーダー。無料。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ