[iPhone, iPad] 1Password v.4.2: バージョンアップで新機能!さらに便利になったパスワード管理アプリ。

AppBank の主任です。パスワード管理アプリ 1Password がバージョン4.2にアップデートされ、新機能が追加されました。

1Password
1Password


ブラウザ機能が強化され、登録した情報からウェブページを開くと ID・パスワードを入力して自動ログインするようになりました。

さらにメッセージ・メールアプリで 1Password に登録した情報が送信可能に。受け取った側は1タップで 1Password に情報を追加できます。

このほか、iPad 版にもいくつかの機能が追加されています。

自動ログイン機能

これまでは自動で ID・パスワードが入力されるだけでしたが、今回のバージョンから自動でログインするようになりました。

左:登録したログイン情報のウェブサイトをタップすると…
右:自動で ID・パスワードを入力し、自動でログインします。

1Password
1Password


左:ブラウザでログイン画面にたどり着いた時は、鍵のボタンをタップ。
右:ログイン情報を選ぶと自動で入力・ログインします。

1Password
1Password


ブラウザのURLを簡単にコピー

左:ブラウザで右上のボタンをタップ。
右:【コピー】をタップします。

1Password
1Password


メッセージ・メールでログイン情報を共有

簡単に情報を共有できてしまうので、この機能の取り扱いは要注意です。

左:ログイン情報を開き、上のボタンをタップ。
右:【メッセージ】【メール】をタップします。

1Password
1Password


1Password
【ログイン】は受け取る側も 1Password を持っている場合、【クリアテキスト】は受け取る側が 1Password を持っていない場合に選びます。


1Password
【ログイン】でメールを作成すると、1タップで情報を自分の 1Password に登録できるボタンが挿入されます。


1Password
【ログイン】でメッセージを作成すると、1タップで情報を自分の 1Password に登録できる URL スキームが挿入されます。


[iPad] ブラウザで強力なパスワードを生成

ブラウザのタブをタップして開きます。

1Password


アカウントの作成画面に移動したら、パスワードジェネレータのボタンをタップ。

1Password


強力なパスワードを作成することができます。パスワードとなる文字列をタップすると、パスワード欄に自動で入力されます。

1Password


[iPad] ブラウザから登録情報を呼び出す

ブラウザのタブをタップして開きます。

1Password


ブックマーク代わりに登録したログイン情報からウェブページを開き、自動でログインすることができます。

1Password


この他の使い方は「まとめ」からチェック!

この他の 1Password の使い方は、以下のまとめ記事からご覧いただけます。

ID・パスワードなどを集中管理する「1Passwordの使い方」まとめ

おすすめ iPhone アプリ
1Password ・開発: AgileBits Inc.
・掲載時の価格: ¥1,600
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 21.7 MB
・バージョン: 4.2
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!