iPhoneの製造国を知る方法。ウワサじゃなくてガチです!(昼刊)

最初に言っちゃうけど…全部中国製ですからね!


今月のはじめに「iPhoneの製造国がわかる隠しコマンドが存在する」とのウワサがTwitterではやったそうです。(ウワサ自体はけっこう古い)

くわしくはこちら → 「iPhone のダイヤルで *#06# を押すと原産国が分かる」という噂はデマです!

ウワサはガセ情報でしたが、製造国やその他の情報を知る方法があるのかと調べてみたら…ありました!

秘密はシリアル番号です。しかもiPhoneだけではなく、全てのApple製品に使える方法でした。それではくわしく説明します!

シリアル番号が持つ情報

iPhoneのシリアル番号は11ケタの英数字であらわされます。この文字列はランダムに並んでいるのではなく、ちゃんと1つずつ意味がありました。

シリアル番号を
AA B CC DDD EE F
と分けたとき、各英数字が表す情報は以下の通りとなります。

  • AA = 工場と機械番号
  • B = 製造年
  • CC = 製造された週
  • DDD = 固有識別子
  • EE = デバイスの色
  • F = ストレージ容量

シリアル番号を翻訳してみよう

それでは実際にシリアル番号を、ちゃんと理解できる情報に変換してみましょう!

まずシリアル番号を確認します。【設定アプリ】→【一般】→【情報】→【シリアル番号】から確認できます。

pauls0612hirukan
pauls0612hirukan


次に使うのはこちらのウェブサイト! → Klantenservice: Serienummers

何やら英語やオランダ語(?)が書かれていますが、テキスト欄にシリアル番号を入力、ボタンをクリックします。


僕のiPhone 4Sのシリアル番号を入力したところ、結果は画像のようになりました!


機種名や液晶サイズ、解像度などもわかります。

気になる製造地については「China – Foxconn」となっています。中国のフォックスコン工場といえば、iPhoneを組み立てていることで有名ですね。

iPadやMacBook Airでも試してみたよ!

この方法は、Mac製品ならどれにでも使えます。ということで、手持ちのiPadとMacBook Airでも試してみました!

iPadではこんなかんじ。


MacBook Airではこのようになりました。


念のため別のiPhone 4Sでためしたところ、製造地が「China」とだけ表示されました。

同じ機種でも端末によって表示情報が変わるようです。


ちなみにこのサービスは、一ヶ月に10回までの使用制限があります。調べすぎにはご注意を!

iPhoneの製造地問題はこれにて一件落着…なんですかね?

明日の担当はブリさん。

参考サイト

【iPhoneの裏技】自分の iPhone がどこの国のどこの工場で作られたのかスグ調べる方法 | ロケットニュース24

What Your iPhone’s Serial Number Really Means

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ