iPhone 5SはIGZO・1,200万画素カメラ・NFC・指紋センサーを搭載か?

AppBank の主任です。

ExtremeTech がこれまでの iPhone 5S に関する噂をもとに、予想されるスペックを公表しています。

ただし、いずれも情報源はサプライチェーンからのリークなので、この予想の信頼性を評価することは難しいと言えます。

以下の表は、ExtremeTech が公表した iPhone 5S の予想スペックと iPhone 5 のスペックを比較したものです。

iPhone 5S

iPhone 5
プロセッサ A6
CPU 1.6GHz 1GHz
GPU PowerVR SGX544MP4 PowerVR SGX543MP3
メモリ 2GB 1GB
液晶ディスプレイ 4インチ・1,136×640px
カメラ 1,200万画素
デュアル LED フラッシュ
800万画素
シングル LED フラッシュ
NFC ×
指紋認証 ×

プロセッサは iPhone 5 と同じ「A6」ですが、CPU のクロック周波数が 1GHz から 1.6GHz に、さらに GPU は1世代上と思われる PowerVR SGX544MP4(クアッドコア)になると予想されています。

液晶ディスプレイについては、iPhone 5S は IGZO パネルを搭載するので、従来よりも消費電力が少なくなり、バッテリ稼働時間も伸びるとしています。

カメラは800万画素から1,200万画素に増強され、LED フラッシュの数も増やすことで暗所での撮影能力を向上させると考えられています。

指紋認証については、従来からの噂通り、ホームボタンにセンサーが内蔵されると予想しています。

iPhone 5SはNFCに対応する?

意外なのは NFC への対応です。iPhone 5 では空きスペース・背面パーツの素材の関係から NFC を搭載することは困難だと言われていました。iPhone 5S と思われる背面パーツは iPhone 5 のそれとほぼ同じ形・素材と見られています。

日本でも利用できる「おサイフケータイ」になるかは、以下の記事で iPhone 5 の発売前に考察しています。

iPhone 5は日本で使える「おサイフケータイ」になるのか?

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!