知ってるとちょっと自慢できるiPhoneの小技10連発(昼刊)

めざせ、iPhoneマスター!ってことで、知ってると人に教えてくなるようなiPhoneの小技を10個集めてみました。

サクサク発表していきます!知らない技があっても「知ってたよ」風に近くの人に教えてみてくださいね。



1. 電話着信中のバイブ停止と留守電転送

iPhoneの小技電話がかかってきたとき、とりあえず部屋を退室して受け取りたいけどiPhoneがずっとヴーヴー鳴ってるのが気まずい!

そんなときは「スリーブボタン」を1回押しましょう。

これでバイブのみ停止できます。着信状態は引き続き継続できます。


さらにバイブ停止後、すぐにスリーブボタンを押すと即留守電へ転送できます。電車の中など、すぐに出られない状態のときは、有効な技ですよ。

超上級者にはこちら→【iOS 6】電話アプリがさらに使いやすく!出られないとき「メッセージ」の送信や、かけ直しのリマインダー登録が可能に。

2. 即自分の電話番号を表示できる場所

iPhoneの小技以外と知られていない、自分の電話番号を即表示する方法です。

電話アプリを起動→【連絡先】タブ→一番上を表示した状態で、さらに上を表示させる。


二つ折り携帯のときに「メニュー→【0】」で表示できた、あの小技はiPhoneだとこんなところにあります。

3. 1文字だけ数字を入れられるフルキーボードの小技

iPhoneの小技パスワードやメールアドレスを入力するとき、「abcd1@gmail.com」みたいに少しだけ数字が入っている時に便利な技です。

英語フルキーボードの状態で左下の【123】ボタンを押したままキーボード上部へスライドさせます。
すると、1文字だけ数字が入力できてキーボードはそのまま英語キーボードに戻ります。


ちょっとだけ数字を入力して、すぐにアルファベット入力に戻りたいときに超便利です。

4. スペース連打でピリオド入力

iPhoneの小技数字の次にメンドウなのが「.(ピリオド)」です。

設定アプリの【一般】→【キーボード】→【ピリオドの簡易入力】をオンにしておきます。

すると、スペースキーのダブルタップで「ピリオド+スペース」が自動で入力されます。


「I love dogs. And love cats.」と言うような英文入力用の補助機能です。ピリオド後に半角スペースが自動で入るのを忘れず活用ください。

5. Safariは横向きに持つとフルスクリーンにできる

意外と知られていないSafariのフルスクリーンモード。iPhoneを横向きにすると、画面右下に【全画面表示】ボタンが現れるのです。

iOS6SafariPhone


6. メール本文引用返信のは選択状態から

iPhoneの小技青色のアイコンの「メール」の小技です。

メールに返信するとき、受信した本文を選択した状態で【返信】ボタンを押します。

すると、本文を引用した形でメールの返信ができます。


7. メール一覧の本文表示文字数は増減できる

iPhoneの小技メール受信一覧画面にたくさん表示したい派の方、できるだけ本文プレビューが多く見える状態にしたい派の方、どちらの設定も可能です。

設定アプリ→【メール/連絡先/カレンダー】→【プレビュー】

ここから本文プレビューの表示量を調整できます。


開封/未開封状態でメールを管理している方は本文プレビューを多めで!

8. メールの下書き一覧に素早くアクセスする方法

iPhoneの小技メールの下書き一覧に素早くアクセスするには、【新規メール作成】ボタンを長押しします。

これで簡単に下書きメール一覧にアクセスできちゃいます。


9. アプリダウンロードは一時停止できる

iPhoneの小技アプリをダウンロードしている途中でYoutubeをみたり、他のインターネット通信を優先させたいときに使える小技です。

アプリダウンロード中のアイコンをタップします。
これでダウンロードを一時停止できます。


もう一度タップしないとダウンロードは自動再開しないのでご注意ください。

10. ホームボタンはトリプルクリックまで設定できる

iPhoneの小技設定アプリ→【一般】→【アクセシビリティ】→【トリプルクリック】

こちらから、ホームボタンのトリプルクリックの設定ができます。

設定できる項目は限られているので、「トリプルクリックまで機能があるよ」という雑学小技となります。


以上、iPhoneの小技10連発でした。

明日の昼刊はまいちゃん

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ