【iPhone 5s】そのスペック・性能を数字で見る!iPhone 5とも比較!

AppBank の主任です。

本日発売となった iPhone 5s で4種類のベンチマークアプリを使い、そのスペック・性能を数値化してみました。

iPhone 5s kaihunogi - 1


ベンチマークアプリとは、計算・描画能力を計測するためのアプリ。結果は数字として表示されるので以前の iPhone との比較が行えます。

今回使用したのは CPU の計算能力を測る Geekbench 3・グラフィックの描画能力を測る GFXBenchOpenGL Extensions Viewer・メモリなどの読み書き速度が測れる PerformanceTest Mobile です。

さっそく iPhone 5s での結果を見ていきましょう。

※下記数値はいずれも速報値なのでベンチマークを行ったのは1回のみ。他のアプリはすべて終了した状態で実施しました。

※iPhone 5 の数値は iOS 7 にアップデートしたもので計測。こちらもベンチマークの実施は1回のみ。他のアプリをすべて終了した状態で実施しました。

計算能力

CPU・メモリの仕様

Geekbench 3 から分かった仕様を以下の表にまとめました。

機種 iPhone 5s iPhone 5
プロセッサ A7プロセッサ A6プロセッサ
最大動作速度 1.29GHz(1.3GHz) 1.3GHz
コア数 2コア(デュアルコア)
1次キャッシュ 64KB 32KB
2次キャッシュ 1MB
3次キャッシュ なし
システムメモリ 約1GB(1,000MB) 約1GB(1,016MB)

CPU は最大 1.3GHz で動作するとの報道もありました。この違いの原因として考えられるのは、個体差あるいはアプリが最大値を出せていない可能性です。

メモリに関しても iPhone 5 より 16MB 少ない数値になっていますが、これはハードウェアレベルで利用するメモリ量が iPhone 5 より多いためかもしれません。

スコアを比較

では、Geekbench 3 で CPU の計算能力を計測した結果を見てみましょう。結果はスコアとして数値化され、数値が高いほど高性能であることを示しています。

iPhone 5s
シングルコアは「1,377」、マルチコアは「2,467」でした。

iPhone 5 のスコアはシングルコアで「723」、マルチコアで「1,302」です。


「コア」は計算を行う部分です。iPhone 5 と iPhone 5s はデュアルコア、つまり2つのコアを搭載しています。

したがって上記の結果では、1つのコアを計算に使う方法をシングルコア・2つのコアを計算に使う方法をマルチコアと言うことができます。

この他の数値は以下の通りです。

その他の結果

機種 iPhone 5s iPhone 5
シングルコア マルチコア シングルコア マルチコア
整数演算性能 1,435 2,749 751 1,472
浮動小数点数演算性能 1,316 2,550 589 1,166
メモリ性能 1,386 1,738 936 1,238

グラフィックの描画能力

iPhone 5s ではアプリから利用できるグラフィック用命令集「OpenGL ES 3.0」に対応したことで、より美しい描画が行えるとされています。

では、iPhone 5 の描画能力に比べて、どれほどの違いがあるのでしょうか。

ここでは旧世代の「OpenGL ES 2.0」に対応した GFXBench と、「OpenGL ES 3.0」対応をうたう OpenGL Extensions Viewer を使って描画能力を比較します。

GFXBenchの結果

機種 iPhone 5s iPhone 5
GFXBench 2.7 T-Rex HD(C24Z16 Offscreen)(frames) 1,382(25 fps) 383(6.8 fps)
GFXBench 2.7 T-Rex HD(C24Z16 Onscreen)(frames) 2,077(37 fps) 745(13 fps)
GFXBench 2.7 T-Rex HD(C24Z24MS4 Onscreen) サポート外で計測できず
GFXBench 2.7 T-Rex HD(C24Z16 Offscreen Fixed timestep)(msec) 23,874(24 fps) 82,587(6.8 fps)
GFXBench 2.7 T-Rex HD(C24Z16 Onscreen Fixed timestep)(msec) 15,636(36 fps) 41,064(14 fps)
GFXBench 2.5 Egypt HD(C24Z16 Offscreen)(frames) 6,406(57 fps) 3,364(30 fps)
GFXBench 2.5 Egypt HD(C24Z16 Onscreen)(frames) 5,986(53 fps) 4,185(37 fps)
Fill rate(C24Z16 Offscreen)(texels/sec) 3309711104 1812777216
Fill rate(C24Z16 Onscreen)(texels/sec) 2717993216 1709796480
Triangle throughput: Textured(C24Z16 Offscreen)(triangles/sec) 68208504 94892528
Triangle throughput: Textured(C24Z16 Onscreen)(triangles/sec) 75843904 111485328
Triangle throughput: Textured(C24Z16 Offscreen Vertext Lit)(triangles/sec) 64252948 84423512
Triangle throughput: Textured(C24Z16 Onscreen Vertext Lit)(triangles/sec) 70980952 96692808
Triangle throughput: Textured(C24Z16 Offscreen Fragment Lit)(triangles/sec) 34795212 78536384
Triangle throughput: Textured(C24Z16 Onscreen Fragment Lit)(tirangles/sec) 39871084 95584688

「fps」の数値が上がっていることが分かります。この数値が高いほど、3DCG を滑らかに描画できることを示しています。

OpenGL Extensions Viewerの結果

ベンチマークの条件は以下の通り。その他の点はほかのベンチマーク時と同様です。

iPhone 5s
iPhone 5s


非常に重い処理なので、iPhone 5 でも「0.7 fps」しか出ませんでした。この数値が多いほど滑らかに 3DCG を描画できます。

iPhone 5s での結果は「1.1 fps」。数値上はわずかな変化ですが、確実に iPhone 5 よりも能力が向上しているようです。

iPhone 5s のみが対応する OpenGL ES 3.0 を指定し、同条件で計測した結果は「1.2 fps」でした。

データの読み書き速度

ここでは PerformanceTest Mobile を使用しました。結果は以下の通りです。

機種 iPhone 5s iPhone 5
総合スコア 5,441 3,621
CPU総合スコア 35,966 25,568
Integer Math(MOps/Sec) 989 613
Floating Point Math(MOps/Sec) 892 823
Find Prime Numbers(Thousand Primes/Sec) 506 185
Random String Sorting(Thousand Strings/Sec) 3,124 2,273
Data Encryption(MB/Sec) 95.5 97.1
Data Compression(MB/Sec) 3.71 2.25
ストレージ総合スコア 23,583 13,309
ストレージへの書き込み速度(MB/Sec) 48.0 40.6
ストレージの読み込み速度(MB/Sec) 331 166
メモリ総合スコア 5,382 3,382
メモリへの書き込み速度(MB/Sec) 930 580
メモリの読み込み速度(MB/Sec) 908 588
2D描画能力の総合スコア 2,480 1,254
Solid Vecotrs(Vectors/Sec) 4,255 1,803
Transparent Vectors(Vectors/Sec) 3,654 1,734
Complex Vectors(Complex Vectors/Sec) 222 160
Image Rendering(Images/Sec) 1,592 953
Image Filters(Filters/Sec) 66.9 37.9
3D描画能力の総合スコア 1,924 1,759
Simple Test(fps) 60.0 59.9
Complex Test(fps) 55.5 47.8

まとめ:動作速度・メモリは同等でもiPhone 5より速い

新たな iPhone が出る度に前機種との比較を行っていますが、今回もこれまでと同様に、前機種の性能を大幅に上回る結果を出しています。

特に性能向上が著しいのはグラフィック描画能力とデータの読み書き速度。

グラフィック描画能力では「fps」が iPhone 5 の2〜4倍になっている部分があります。「fps」の数値が多いほど 3DCG などを滑らかに描画できます。

データの読み書き速度では、音楽・アプリなどの読み込み速度が iPhone 5 の2倍・システムメモリの読み書き速度も1.5倍ほどと高速化しています。

もちろん計算を行う CPU も iPhone 5 の約2倍の性能を出しています。

というわけで、性能重視で iPhone を選ぶなら「iPhone 5s 一択」になりそうです。

iPhone 5sまとめ

iPhone 5s&iPhone 5cまとめ!本体比較、性能、カメラ(写真と動画)、指紋センサーなど。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
PSPで大ヒットした『勇なま』シリーズの最新作がスマホに登場!『勇者のくせにこなまいきだDASH!』でも勇者を倒す世界観はそのままだぞ。事前登録者して、カラフルな魔物を手に入れよう。

勇者のくせにこなまいきだDASH!

AppBank 全力プッシュ!

オススメ