大型iPadは2014年後半、「iWatch」は2014年4〜6月に生産を開始?

Digitimes によれば、12.9インチのディスプレイを搭載した大型 iPad は2014年後半、「iWatch」は2014年4〜6月に生産を開始するようです。

pauls1101ipadair - 1


直近の噂では、12.9インチ液晶を搭載した大型 iPad は来年の早い時期に発売されると言われていました。

Digitimes が正しければ、iPad Air・iPad mini Retina モデルの後継機が発表・発売されると見られる10〜12月に発表・発売となりそうです。

大型iPadは教育・企業向け?

パーツを組み立てて大型 iPad を生産するのは Quanta Computer になる、と Digitimes は伝えています。

Quanta Computer は1988年創業の台湾企業。ノート PC の委託生産では最大手で、企業からの委託を受けて製品の設計・生産を行っています。

Digitimes が証言を得た情報筋によれば、大型 iPad はそのサイズ故に主力製品とはならないため、Apple が Quanta に発注した数は少ないと見られています。

大型 iPad に搭載されると見られるディスプレイは12.9インチで、MacBook Air や MacBook Pro の13インチモデルとほぼ同じ大きさです。

対する iPad Air は9.7インチ、iPad mini は7.9インチのディスプレイを搭載しています。

さらに大型 iPad の主要なターゲットは教育機関・企業になるとも証言したようです。

これは以前から噂されていた通りで、既存の PC を置き換える・グループで使う・相手に見せるには、iPad Air よりもディスプレイは大きい方が向いています。

iWatchの生産は3つの企業が受注?

腕時計型のデバイスと見られる「iWatch」の試験生産はすでに始まっているようです。

ただ、販売できる品質に満たない割合が高いので、本格的な生産が始まるのは2014年の第2四半期になるようです。

一般的に第2四半期は4〜7月を指すので、以前に Digitimes が報じた通り、2014年の7〜12月には発売されるかもしれません。

生産は Foxconn・Inventec・Quanta が行うとしています。いずれも台湾に本社を構える電子機器の生産企業です。

iWatch の価格は149〜229ドル(約1万5000円〜2万3000円)と考えられています。

参考(順不同)

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ