大型化したiPhone/iPadは来年5月と10月に発売? 新プロセッサの噂も。

これまでの iPhone・iPad よりも大型の液晶を搭載した、新しい iPhone・iPad が来年に発売されるかもしれません。


さらに新しい iPhone に搭載されると噂されている、次世代プロセッサ「A8」のスペック・製造元に関する噂も報じられています。

発売はいつ?

Digitimes は消息筋からの話として、大型液晶を搭載した iPhone は2014年5月、12.9インチの液晶を搭載した iPad は2014年10月発売と報じています。

iPad の発売時期は以前から2014年後半と言われていました。加えて iPad Air・iPad mini Retina モデルの発表は10月に行われました。

一方で iPhone の発売時期には、Apple の噂を扱うニュースサイト 9to5Mac や Mac Rumors が疑問を呈しています。

ここ最近の iPhone の発売時期は9月・10月であることが多いからです。携帯電話の契約を考慮しても毎年ほぼ同じ時期に新製品を発売する方が合理的です。

経済情報を扱う Bloomberg も2014年の第3四半期、おそらく7〜9月に発売されると予測していました。

「A8」はTSMCが製造?

Digitimes は、これまでよりも大型の液晶を搭載した iPhone には新しいプロセッサが搭載されると報じています。

現在販売されている iPhone 5s には「A7」プロセッサが搭載されています。これが計算・グラフィックの描画を行い、システムメモリも内蔵しています。

この「A7」はサムスンが製造していると言われていますが、新しいプロセッサは台湾のメーカー TSMC が製造すると Digitimes は伝えています。

これまでの型番から考えて、新しいプロセッサは「A8」になると考えられます。

さらに Digitimes によれば、これまでよりも回路の太さ(プロセスルール)が細くなるようです。今までは 28nm でしたが 20nm になるとしています。

液晶のサイズについては報道していませんが、これまでの噂では4.7インチや5.7インチといった現在の iPhone 5s よりも大きな液晶になると言われています。

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!