iPhone 6・iPad Pro・iWatchの液晶サイズ・解像度を専門家が予想!

液晶産業の調査を行う DisplaySearch 社が、iPhone 6・iPad Pro・iWatch に搭載される液晶のサイズと解像度の予測を発表しました。

pauls1101ipadair - 1


発表によれば、「iPhone 6」は2種類のサイズで発売されること・現在よりも大型化/高解像度化することが予測されています。

iPad Air よりも大型な「iPad Pro」については、12.9インチの液晶を搭載すること・Galaxy Tab PRO よりも高解像度になることが予測されています。

さらに「iWatch」については、フレキシブルな有機 EL 液晶が採用されるとしています。

iPhone 6は4.7インチと5.5インチの2モデル?

かねてから iPhone 6 は2つのモデルで発売されると噂されていました。片方は小型の液晶を、他方は大型の液晶を搭載するというものです。

そのサイズについては様々な噂・予想が飛び交っているので、相違が見られます。

今回発表された DisplaySearch 社の予測は以下の通りです。比較対象として iPhone 5s のスペックも記載しています。

モデル 液晶サイズ 解像度 ピクセル密度
iPhone 6 4.7インチ 1,600×900px 386ppi
5.5インチ 1,920×1,080px 401ppi
iPhone 5s 4インチ 1,134×640px 326ppi

iPhone 5s よりもピクセル密度が高いので、iPhone 6 ではより高精細な表現を楽しめる可能性があります。

予測の中に「フレキシブル」「曲面」といったキーワードが含まれていないので、iPhone 6 には曲面ガラスは採用されないと予測しているようです。

ちなみに昨年の予測では、iPhone 6 は4.7インチと5.7インチの液晶を搭載するとしていました。

iPad Proのピクセル密度はiPad Airと同じ?

ピクセル密度は液晶の表現力に影響します。密度が低ければドット感が強まり、逆に高ければ高精細な表示が可能になるからです。

DisplaySearch 社の予測は以下の通り。比較対象として iPad Air・iPad mini Retina モデルのスペックも記載しています。

モデル 液晶サイズ 解像度 ピクセル密度
iPad Pro 12.9インチ 2,732×2,048px 265ppi
iPad Air 9.7インチ 2,048×1,536px 264ppi
iPad mini Retinaモデル 7.9インチ 326ppi

iPad Pro は大型ですがピクセル密度を見る限り、iPad Air と同等の表現が可能になるかもしれません。

iWatchは1.3インチ、あるいは1.6インチ液晶を搭載?

iWatch」は Apple が開発中と噂される、腕時計型のデバイスです。

DisplaySearch 社は、1.3インチあるいは1.6インチの液晶が搭載されると予測しているようです。

モデル 液晶サイズ 解像度 ピクセル密度
iWatch 1.3インチ 320×320px 348ppi
1.6インチ 278ppi

前者は iPhone 5s 以上の密度で、後者の場合は iPad Air 以上の密度になるので、解像度は低いですが、高精細な表示が可能になりそうです。

フレキシブルな有機 EL を採用するとしているので、保護ガラスには腕の形、あるいは装着する部分に合わせた曲面ガラスが使われるかもしれません。

参考(順不同)

iPhone 6をオンライン予約でゲットしよう!

お店に行かなくてもゲットできるぞ! → iPhone6をオンラインで予約する!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!