【クラクラ攻略】クランで援軍を送り合うポイントを紹介! [PR]

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans)の【クラン】に入って、【援軍】を送り合いましょう!

2014-618-kurakur-n3 - 03


クランに入ると、クランメンバーと【クランチャット】でコミュニケーションをとれます。それだけではなく、メンバー同士で援軍を送り合うこともできます。
今回は、援軍に送る兵士のポイントや援軍をもらうときのコツを紹介します。



クランってなに?

クランとは、ほかのプレイヤーとチャットしたり助け合ったりするチームのことです。【クランの城】を修理すると、入れるようになります。

クランの入り方はこちらをチェック!
Clash of Clansのクランに入るためのお金をためる4つの方法。ロード to クラン!

2014-618-kurakur-n3 - 01


援軍を送り合おう!

援軍ってなに?

援軍とは、クランの城を通して送り合える助っ人のことです。襲撃にも防衛にも使えますが、襲撃時に使うと1回ですべての援軍が消えてしまいます。防衛に使うと、死なないかぎり何度でも使えます。
また、援軍は【アーミーキャンプ】のユニット収容数には含まれないので、通常より多く兵士を襲撃に連れて行けます。

2014-618-kurakur-n3 - 02


どうやってもらうの?

クランの城の【ユニット収容数】に空きがあると、【リクエスト】と表示されます。クランの城をタップして、【援軍をたのむ】ボタンから援軍をリクエストできます。

2014-618-kurakur-n3 - 09


どうやって送るの?

クランのメンバーが援軍を依頼すると、クランチャットに表示されます。【援軍を送る】から、強い兵士を送ってあげましょう。

2014-618-kurakur-n3 - 03


1回の援軍要請につき、最大5体まで送れます。しかし、相手のクランの城のレベルが低かったり、送った兵士の必要スペースが大きかったりすると5体も送れません。
クランの城に援軍を送るには、アーミーキャンプと同じで援軍にきた兵士分のスペースが必要です。そのため、クランの城のレベルが高いほど強い兵士やたくさんの兵士を援軍に送れます。

詳細はこちら→ 援軍についてのまとめ。彼らは攻めるときも守るときも役立ってくれるんだ!

2014-618-kurakur-n3 - 04


援軍のポイント

オススメの援軍は?

オススメの援軍は、襲撃と防衛の両方に使える兵士です。ユニット収容数が少ない人には【ジャイアント】、【アーチャー】、【ウィザード】、【バーバリアン】がオススメです。どの兵士も襲撃、防衛どちらにも対応できます。
ユニット収容数に兵士のレベルは関係ないので、レベルが高いものを送ってあげましょう。

2014-618-kurakur-n3 - 05


【ウォールブレイカー】や【ゴブリン】は、あまり援軍には向かない兵士です。とくにウォールブレイカーはカベ破壊専用の兵士なため、防衛ではあまり役に立ちません。

2014-618-kurakur-n3 - 06


援軍をもらうときのポイントは?

まずは、クランの城のレベルを上げて収容スペースを増やしましょう!収容スペースが増えれば、【ドラゴン】などの強い兵士をもらえるようになります。

援軍を要請するときに、「襲撃に使える兵士をください」や「防衛に有利な兵士をください」などのように使う用途を指定するのもポイントです。
もちろん「ドラゴンください」や「アーチャーください」などのように、自分の兵士との相性を考えてもらうものを指定するのもアリですね。ただし、闇の兵士や高レベルの兵士は訓練するための費用もかかるため、相手がどう感じるかも考えてお願いしましょう!

2014-618-kurakur-n3 - 07


もらったときは、チャットでお礼を忘れずにしましょう!

2014-618-kurakur-n3 - 08


援軍は大切な兵力です!

援軍は、襲撃でも防衛でも強い武器になります。自分ではまだ作れない兵士をもらえることがあるのもイイですよね。
序盤は、援軍がいるかいないかで勝敗が左右することもあります。クランに入って援軍を送り合い、村を守りながらしっかり襲撃していきましょう!

クラッシュ・オブ・クラン (Clash of Clans) ・開発: Supercell Oy
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: ゲーム
・容量: 53.3 MB
・バージョン: 6.108.5

cocmatomebanner


AppBankのクラクラ攻略サイトはこちら → クラクラ攻略

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ