SkyView® Free: 本日8日18時からは皆既月食! iPhoneを空にかざして月の位置を確認しよう。無料。

iPhoneを空にかざして星を探せるアプリ、SkyView® Freeを紹介します。

141008_skyview - 04
141008_skyview - 20


本日2014年10月8日は、「皆既月食」を観測できる日です。全国で見られるのは3年ぶりということなので、見逃すわけにはいきませんよね!

SkyView®を使うと、自分のいる位置から星がどのように見えるのかを調べられます。iPhoneを空にかざすと星が現れるので、このアプリで月の位置を確認しておきましょう。

iPhoneを空にかざしてみよう

位置情報サービスとカメラのアクセスを許可してから、使い始めましょう。

141008_skyview - 01
141008_skyview - 02


カメラが起動し、画面上に方角を示すコンパスが表示されます。そして、空をみあげてみると・・・・・星が現れました!

141008_skyview - 03
141008_skyview - 04


向いている方角に合わせて、いろいろな星が現れます。中央の円を星に合わせれば、その星の名前も分かりますよ。
月や星もちろん、『ハッブル宇宙望遠鏡』の位置も教えてくれるなんてすごい!

141008_skyview - 06
141008_skyview - 07


横向きでも使えます。iPhone 6やiPhone 6 Plusで見ると、画面が大きいので見やすい!

141008_skyview - 08


夜空モードに切り替えてみよう

画面左上のマークをタップすると、画面下からメニューが表示されます。【ビデオカメラ】のアイコンをタップすると・・・

141008_skyview - 09
141008_skyview - 22


カメラが夜空に切り替わります。日中は、夜空モードを使うと星が探しやすいですよ!

141008_skyview - 11
141008_skyview - 12


日付を指定して月の位置を確認!

日付や時間を指定して星の位置を調べることもできます。メニューの【カレンダー】をタップして時間を指定します。

月全体が完全に影に隠れる状態になる「2014年10月8日19:24」を指定し、右上の【Done】をタップします。

141008_skyview - 13
141008_skyview - 14


141008_skyview - 15
iPhoneを上に傾けると、昼間とは違う位置に月が表示されます。

この場所で、皆既月食が見えるというわけですね!どの方角を見ればいいのか、このアプリで確認しておきましょう。


どこに月があるか分からない・・・という方も大丈夫。
画面右上の【虫眼鏡】をタップして、【Solar System(太陽系)】を選択します。

141008_skyview - 16
141008_skyview - 17


【Moon(月)】を選択すると中央に矢印が表示され、どの方向に月があるのかを教えてくれます。矢印が指し示す左上にiPhoneを傾けてみると・・・

141008_skyview - 18
141008_skyview - 19


141008_skyview - 20
月を発見しました!

今日の18時ごろは、この方角を向いて待機したいと思います。


アプリをダウンロードして、本日夕方18時ごろから始まる「皆既月食」に備えましょう!

時間による月の欠け方シュミレーションできるアプリもありますよ!
Moon Book: 本日10月8日は皆既月食! アプリで月の満ち欠けをシミュレートしよう! 無料。

SkyView® Free - Explore the Universe ・開発: Terminal Eleven LLC
・掲載時の価格: 無料
・カテゴリ: 教育
・容量: 60.4 MB
・バージョン: 3.1.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ