9月8日から初代Apple TV・iPodの一部モデルなどのサポートを終了か

一部のApple製品が修理できなくなるかもしれません。

Apple


(画像:9to5Mac

2015年9月8日から一部のApple製品がサポート終了の対象となり、ハードウェアの故障が起きても修理できなくなる、とウェブサイト『9to5Mac』が報じています。

対象となるのは初代Apple TVのほか、iPod nano・iPod touchなどです。

あらたにサポート終了となる製品

これらの製品を修理するために必要な部品の注文ができなくなり、修理サービスも受けることができなくなると報じられています。

  • Apple Cinema Display (30-inch DVI Early 2007)
  • Apple LED Cinema Display (24-inch)
  • Apple TV (初代)
  • Mac mini (Late 2009)
  • iPod nano (第5世代)
  • iPod shuffle (第3世代)
  • iPod touch (第3世代)

このリストはまだ正式に発表されたものではありません。Appleが公開しているサポート終了製品のリストは、以下のウェブページでご確認いただけます。

ビンテージ製品とオブソリート製品 – Apple サポート

参考

Apple TVs (plus iPods & Cinema Displays) hitting obsolete status day before new hardware on Sept 9 | 9to5Mac

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ