【iPhone SE】バッテリー容量がiFixitの分解で判明

iPhone SE


これまでにもiPhoneを分解し、その構造を詳しく分析してきたウェブサイト『iFixit』が『iPhone SE』の分解レポートを公開しました。

※ 本記事はiPhoneの分解を推奨するものではありません。分解すると製品保証が無効になります。

バッテリー容量は微増

iFixitによると、iPhone SEのバッテリー容量は1,624mAh。『iPhone 5s』は1,560mAhなので容量はわずかに増えています。

その一方で、Appleが公表している稼働時間には大きな差があります。

iPhone SE iPhone 5s
連続通話時間(3G) 最大14時間 最大10時間
連続待受時間 最大10日間
インターネット利用(LTE) 最大13時間 最大10時間
オーディオ再生 最大50時間 最大40時間

バッテリー容量の微増も稼働時間の増加に貢献していると考えられますが、iPhone SEでは通話・通信・計算処理などに使う電力が削減されていることもうかがえます。

シーリングは部分的に採用

『iPhone 6s』は浸水を防ぐためのシーリングが各所に施されていることが注目されました(故意・過失・事故による浸水は製品保証の対象外です)。
iPhone 6sは水に強い? 分解によってその仕組みが判明

iPhone SEでも、同じようなシーリングが部分的に施されています。

iFixitによれば、FaceTimeカメラ・音量調整ボタン・iSightカメラのコネクタには施されているものの、液晶・バッテリー・Lightningコネクタには施されていないそうです。

いずれにしても故意・過失・事故による浸水で故障した場合、製品保証の対象外なので有償での修理になります。浸水のおそれがある使い方はやめましょう。
iPhone SEを水没させたら修理費はいくら?

iPhone 5sと互換性がありそうなパーツも

iPhone SEとiPhone 5sは、公表されているサイズがまったく同じです。使われているパーツにも互換性がありそうなものがある、とiFixitはウェブページで述べています。

iPhone SEとiPhone 5sで互換性がありそうなものとして、スピーカー・ボディ本体・振動モーター・SIMトレイ・FaceTimeカメラ・受話口のスピーカー・近接センサーを挙げています。

一方で互換性がないものとして挙げているのは、プロセッサやメモリを搭載したマザーボード・iSightカメラ・Lightningコネクタ・バッテリーです。

iPhone SEでも多くのパーツを流用できるようにすることで、製造コストを低くする狙いがあるのかもしれません。

分解写真はiFixitで公開中

iPhone SEの分解写真はiFixitのウェブサイトで公開されています。ぜひご覧ください。

iPhone SE Teardown – iFixit

参考

最新情報はAppBankアプリで!

iPhoneの最新ニュースのほか、アプリやアクセサリの使い心地を徹底紹介したレビュー・iPhoneの便利な技・人気アプリのランキングもチェックできます。

もっとiPhoneを楽しむための記事がたくさんつまっていますので、ぜひお試しください!

AppBank.net ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 7.3 MB
・バージョン: 1.1.8
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ