便利なボタンを通知センターに置く『Launcher』が進化!

Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

通知センターにアプリや設定を開く・iPhoneのステータスが分かるボタンが置ける『Launcher』に新機能が登場しました。

曜日・時間・場所によって、通知センターに並べるボタンを切り替える機能です。たとえば通勤用・自宅用と分けておき、自動で切り替えさせられます。

Launcherの大まかな使い方はこちら。
Launcher: ウィジェットアプリの決定版! 通知センターからアプリを1発起動!!
低電力モードを最短でオンにできるアプリ

ボタンを曜日・時間・場所で切り替えるには

曜日・時間・場所で通知センターに並べるボタンを切り替えるには、アプリ内課金(360円)が必要。Proバージョンの課金をすでに行っていると240円になるようです。

Launcherを開き、画面右下の【ロックを解除】をタップすると課金できます。

Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

Launcherの設定方法

ここではいつも使うボタンに加え、出勤用のボタンを追加してみます。

それぞれのボタンを「ランチャー」に並べるので、まずはランチャーを追加しましょう。画面右下のボタンをタップします。

Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

新しいランチャーができました。これを出勤する際に使うランチャーとして設定していきます。【新規追加】でボタンを追加します。

Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

※ 筆者の環境では、バージョン2.0でランチャー内のボタンを並べ替えようとするとLauncherがクラッシュする問題が起きています。

ボタンを並べたら、画面左下にある歯車のボタンをタップしましょう。

Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

このランチャーの名前を決め、【表示するとき】をタップ(左)。このランチャーを通知センターに表示する曜日と時間帯を決めます(右)。

Launcher Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

これでLauncherの準備は整いました。

通知センターの準備を済ませる

通知センターの【今日】タブを開き、一番下にある【編集】をタップします。

Launcher


ランチャーが2つある場合は、【Launcher】と【Launcher 2】を追加し、【完了】をタップ。これで通知センターも準備完了です。

Launcher


(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)

曜日・時間で切り替わるランチャー

Launcher
実際に設定した曜日・時間帯にランチャーが表示されるかを確かめてみましょう。

この方法で、6パターンのランチャーを通知センターで自動切替できます。

(© 2016 Cromulent Labs, Inc.)


あらかじめ準備しておく必要はありますが、そのとき・その場所で必要なボタンを通知センターに並べておけるのが便利です。

毎朝あのアプリでニュースを見て、それから別のアプリで予定を確かめて・・・と一連の操作がルーチン化している場合にはより重宝するでしょう。

Launcher - 通知センターウィジェット搭載ランチャー ・販売元: Cromulent Labs, Inc
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 30.6 MB
・バージョン: 2.0
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!