iPhoneの画面をもっと暗くする方法【iOS 10】

画面の発色がおかしいときはここをチェック!
iPhoneの画面の色がおかしい時に点検すべきこと

(2016年10月26日 追記)

———

iOS 10


画面の明るさを通常の設定よりも暗くする方法を以前ご紹介しましたが、『iOS 10』ではさらに暗くできることが分かりました。

ホワイトポイントを下げる

設定アプリを開きます。

iOS 10


【一般】→【アクセシビリティ】→【ディスプレイ調整】の順にタップします。

iOS 10


【ホワイトポイントを下げる】をオンにします。明るい色の明度を下げられる機能です。

下のつまみを右にスライドすれば、明度を下げられます。

iOS 10


ズーム機能と合わせると・・・

以前ご紹介したズーム機能の低照度フィルタと合わせて使うと、これまで以上に画面の眩しさを抑えられます。

低照度フィルタの使い方は以下のページでご紹介しています。
iPhoneの画面をさらに暗くする方法

オン・オフを素早く切り替える方法

いちいち設定アプリを開いてオン・オフするのは面倒!という場合は、ホームボタンを3回連続して押すと設定を切り替えられるようにしましょう。

photo_iphone7_plus - 7


設定アプリの【一般】→【アクセシビリティ】→【ショートカット】を開きます。アクセシビリティ画面の一番下にあります。

iOS 10


【ホワイトポイントを下げる】をタップしてチェックマークを付けましょう。

iOS 10


これでホームボタンを3回連続して押すと、ホワイトポイントを下げる機能のオン・オフを切り替えられるようになります。

ズーム機能の低照度フィルタと合わせて使う場合は、両方にチェックマークを付けます。

iOS 10


すると、ホームボタンを3回連続して押した際にメニューが表示され、それぞれの機能のオン・オフを切り替えられます。

iOS 10


iPhoneの使い方が分かるアプリ

iPhoneの使い方が分かるアプリ『説明書 for iPhone』をアップデートしました。

iPhoneの基本やアプリの使い方、困ったときの対処法や小技・裏技を紹介しています。下からアプリをダウンロードして、お使いください。

スマホ説明書 スマホ説明書(iTunesでのレビュー評価:


参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ