今年の新型iPadが10.5インチになる理由

iPad Pro・iPad mini


今年発表されるiPadのうち1種類は、これまでになかった10インチ前後の画面を搭載すると噂になっています。

この噂には否定的な意見もありますが、計算によれば合理的なサイズでもあるようです。

12.9インチと9.7インチiPadの関係

12.9インチiPad Proの画面の幅は、9.7インチiPadの画面の高さと同じになっています。ピクセル数も同様です。

これにより、画面を分割して2つのアプリを使うSplit Viewが快適になります。
【iOS 9】iPadがマルチタスクに対応! 2つのアプリを同時に操作できる

Split View


Apple製品向けアクセサリ・ソフトウェアを開発・販売しているStudio NeatのDan Provost氏は、今年の新型iPadでも12.9インチiPad Proと同じことをAppleはやろうとしているのではないか、と考えています。

10.5インチが有力である理由

Provost氏は、12.9インチiPad Proが9.7インチiPadを元に開発されたように、10.5インチiPad ProはiPad miniを元に開発されるのではないか、と推測。

計算を元に、12.9インチiPad Proと同じ解像度(2,732×2,048px)で、iPad miniと同じピクセル密度(326ppi)になるのであれば、10.5インチが最適だとしています。

これにより10.5インチiPad Proの画面の幅は、iPad miniの画面の高さと同じになります。

画面を囲む縁が薄くなる・ホームボタンが無くなるといった噂も流れているので、本体のサイズそのものは9.7インチiPad Proと同じになるかもしれません。
今年の新型iPadは2種類、miniの新モデルは無し?
2017年の新iPadはホームボタンを廃止?

10.5インチiPad Pro


10.5インチiPad Proの値は推測です。

iPadユーザーにとって魅力的な新モデルになる可能性を秘めています。

しかし、画面のサイズは10.1インチだったり10.9インチだったりとまだ不確かです。画面の解像度やピクセル密度については噂になっていません。

参考

AppBank ・販売元: APPBANK INC.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 26.4 MB
・バージョン: 1.1.3
参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!