新型『iPad Air』が2022年登場、史上初の有機ELディスプレイ搭載モデルになると韓国メディア

テック&ガジェットのニュースを毎日配信!
» » » 最新記事のリストはこちら
👀



新型『iPad Air』が有機ELディスプレイを採用し、2022年に登場すると、電子機器に詳しい韓国メディアTheElecが報道しています。

Source:TheElec
*カテゴリー:テクノロジー technology

有機ELディスプレイが新型『iPad Air』、『iPad Pro』に今後採用か


TheElecによると、Appleは2022年に10.86インチの有機ELディスプレイを搭載した、新型『iPad Air』を発売するとのこと。

これが事実であれば、史上初の有機ELを採用したiPadの登場となります。有機ELは『iPhone X』以降多くのiPhoneに採用されているディスプレイで、液晶と比較して、より高いコントラストと省電力性を特徴としています。


さらに2023年には、有機ELディスプレイを採用した『iPad Pro』も登場するとTheElecはいいます。


これはリフレッシュレートが120Hzの『Pro Motion』に対応する可能性もあるとのこと。この技術はまず、今年9月に登場が噂されている『iPhone 13』シリーズの一部に適用される見込みです。


以前には著名アナリストのミンチー・クオ氏も有機ELディスプレイを搭載したiPadの登場を示唆しています。今年前半には新しくミニLEDを採用した『iPad Pro』も登場していますが、今後はさらにiPadのディスプレイの種類が増えてきそうです。

あわせて読みたい 👀



*本サイトに記載されたURLを経由して収益等が発生した際は、一部が製作者に還元される場合があります。


話題のスマホを手に入れよう!

最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

参考になったらシェアお願いします!
Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!