新型iPad Pro、生産段階でトラブル。Appleが直面する“深刻な問題”は解決するのか

テック&ガジェット記事、好評連載中!
テクノロジーとガジェット記事のバナー画像



先月発表された新型『iPad Pro』が、生産段階で問題に直面しています。Appleに詳しい海外メディアによれば、これにより「12.9インチiPad Proの到着は7月まで遅れる」とのことです。


*Source: Appleinsider

新型iPad Proが抱える深刻な問題。解決の糸口はいまだ見えず

先月発表された12.9インチiPad Proは、パワフルな独自プロセッサ「M1」やミニLEDディスプレイの搭載が話題となっていました。しかし、発売の段階にいたり、Appleは現在大きな問題へと直面してます。

その原因となっているのが、12.9インチiPad Proに初めて搭載されたミニLEDディスプレイ「Liquid Retina XDR」です。ミニLEDディスプレイの特徴は高いコントラストと輝度で、12.9インチiPad Proは「1,000,000:1」のコントラスト比と「最大1,600nit」の輝度を誇ります。

このミニLEDディスプレイの仕組みは従来の液晶ディスプレイとは異なり、10,000個以上の小型LEDが使用されており、2,500以上のローカルディミングゾーンでLEDの発光量を制御する非常に複雑な仕組みとなっています。そのため大量生産が難しく、製造を担うサプライヤーはAppleからの大量発注に悲鳴を上げているようです。この製造歩留まりは以前も報告されていましたが、問題はいまだ解決されていない模様です。

海外メディアの報告によれば、ディスプレイの問題に加えて世界的な半導体不足も影響し、12.9インチiPad Proがユーザーの手に渡るのは7月以降になるとのこと。さらに、生産の遅れは今後もしばらく続く可能性があるとしています。

なお、液晶ディスプレイを搭載している11インチiPad Proも若干の遅れがみられますが、これは新型iPad Proへの需要の高さからだと予測されています。M1搭載iPad Proをいち早く試したい方は、11インチiPad Proを購入したほうが早いかもしれませんね。

『iPhone』や『iPad』をお得に買うならコチラ! » Amazon 整備済み品


お す す め 記 事

  • 33歳男性「口座に1億3400万円あるよ」

    2カ月で資産68倍、普通の人から爆速で億り人になった彼が投資した仮想通貨とは?


    » » » 記事をよむ

  • 20代で資産1200億円超!

    彼がすべてを賭け、巨万の富を得た仮想通貨とは?


    » » » 記事をよむ

  • ビットコインをアプリで簡単に買う方法

    スマホで完結、最短5分でできる! iPhone・Androidスマホ両対応


    » » » 記事をよむ


  • お す す め 動 画



    話題のスマホを手に入れよう!

    最新のスマホはソフトバンクショップで確認しよう!

    参考になったらシェアお願いします!
    Twitterへ Facebookへ はてブへ Pocketへ
    ▼新着記事やオススメ記事を投稿中!