【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」

【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」


© 2016 Dropbox 以下同じ

つい上書き保存してしまった。書類を昨日の状態に戻したい。そんなときにもオンラインストレージ『Dropbox』は重宝します。

Dropboxは同期済みのファイルに変更が加えられる度、それをバージョンとして保存。必要な過去のバージョンを選ぶことで、ファイルを前の状態に戻せます。

こちらもご覧ください。
Dropboxまとめ

Dropboxでファイルを以前の状態に戻す方法

iPhoneアプリからバージョンを選択し、ファイルを前の状態に戻すことはできません。

SafariでDropboxにログインしましょう。

https://www.dropbox.com/

ページの一番下にある【デスクトップ版】をタップ。

【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」


PC版のウェブページに切り替わります。過去のバージョンに戻したいファイルをタップして【・・・】をタップします。

【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」


メニューの【バージョン履歴】をタップ。

【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」


そのファイルの保存されているバージョンが表示されます。復元したい時期のバージョンをタップして選び、【復元】をタップしましょう。

【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」


注意書きをよく読み、【復元】をタップ。

【Dropboxの便利機能】ファイルを前の状態に戻せる「バージョン履歴」


これでファイルが前の状態に戻ります。

復元する前の状態のファイル(最新版)は別のバージョンとして保存されるので、必要であれば復元する前の状態にも戻すことができます。

バージョン履歴の注意点:保存期間は30日間

バージョンが保存されているのは30日間です。たとえば1月1日に作成したファイルを4月1日に編集した場合、1月1日のバージョンには戻せません。

Dropboxでは有料で「エクステンデッドバージョン履歴」というサービスも提供中。これを利用すれば保存期間が1年間になります。

参考

Dropbox ・販売元: Dropbox, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: 仕事効率化
・容量: 174.7 MB
・バージョン: 42.2

Dropboxまとめ

Dropboxの使い方を基本から応用まで徹底解説。Dropboxに追加された新機能もご紹介しています。
【保存用】Dropbox の全まとめ。基本機能の使い方解説から、応用まで。

参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)

オススメ