Google マップの新機能「タイムライン」とは?

Google マップの新機能「タイムライン」とは?


© Google Inc. 以下同じ

iPhone版の『Google マップ』アプリに、タイムラインという機能が追加されました。

「タイムライン」と言えば『Twitter』が思い浮かぶ人も多いかと思われますが、Google マップではどういう機能なのでしょうか。

こちらもご覧ください。
Google マップに道案内がチェックしやすくなる新機能

Google マップの「タイムライン」とは

Google マップのタイムラインには、どこに立ち寄ったのか・どんな方法で移動したのかが記録されます。ブラウザの履歴のような機能です。

1度設定すれば訪れた場所が自動で記録されるので、あとで「あの日はどこに行った?」とか「偶然入った店の場所と名前が思い出せない」といったときは、タイムラインを見れば分かります。

Googleは、タイムラインが外部に公開されることはない、としています。

Google マップに位置情報サービスの利用を許可し、Google アカウントのロケーション履歴をオンにすると、Google マップが位置情報を記録してタイムラインに追加します。

『Google フォト』と連携し、タイムラインに写真を表示することも可能です。

1ヶ月間のタイムラインをまとめたメールを毎月受け取ることもできます。

Google マップのタイムラインの使い方

Google マップアプリを開き、画面左上の【≡】をタップ。

Google マップの新機能「タイムライン」とは?


メニューの【タイムライン】をタップします。タイムラインの利用にはGoogle アカウントが必要です。

Google マップの新機能「タイムライン」とは?


Google マップの新機能「タイムライン」とは?
位置情報サービスの利用をすでに許可していれば、ロケーション履歴をオンにするだけでタイムラインに記録されるようになります。


Google マップの新機能「タイムライン」とは?
タイムラインでは1日の履歴を見たり編集したりできます。


画面右上のカレンダーをタップすれば、以前の記録を見ることができます。その隣にある【・・・】をタップすれば場所を追加したり、タイムラインを削除したりできます。

Google マップの新機能「タイムライン」とは?


Google マップのタイムラインをオフにする方法

データの収集を停止しましょう。タイムラインを開き、画面右上の【・・・】をタップし、メニューの【設定】をタップします。

Google マップの新機能「タイムライン」とは?


「ウェブとアプリのアクティビティ」と「ロケーション履歴」をいずれもオフにしましょう。収集済みのデータは【ロケーション履歴をすべて削除】で消せます。

タイムラインを使い始めれば、1日の行動がiPhoneとGoogle アカウントに記録されることになります。他人にタイムラインを覗き見される恐れがあるので、iPhoneの取り扱い・Google アカウントのセキュリティには注意しましょう。

参考

Remember where you’ve been and what you’ve done with Your Timeline on iOS – Google

Google マップ - ナビ、乗換案内 ・販売元: Google, Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ナビゲーション
・容量: 125.4 MB
・バージョン: 4.30.0
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
AppBankのゲームコネクトでPS4や任天堂スイッチが当たるキャンペーン開催中!! 新規会員向けのプレゼントもありゲーコネ初めは、今がチャンス!

ゲームコネクト

オススメ