2018年の新iPhoneは「X」と同じ重要部品を搭載か

『iPhone X』は新しいアプリ切替の機能を搭載


10月27日に予約が始まった『iPhone X』の出荷予定日はおよそ1ヶ月後と、生産難による品不足と思われる影響が出ています。

来年のiPhoneでも同じような状況になるのでしょうか。

Face IDの主要部品は生産が安定?

生産難航と噂されていたのが、顔認証機能のFace IDに使う部品です。そのためにiPhone Xの発売は遅れ、品不足になっていると考えられています。

正確な予測が比較的多いことで知られるKGI証券のMing-Chi Kuo氏によると、この部品の生産は現時点で安定しており、代わりに他の技術を採用する必要はなくなりました。

さらにKuo氏は、Face ID・TrueDepthカメラによる3Dセンシングは販売における重要なポイントであり、画面内蔵型Touch IDは高価すぎる、と指摘。

この2つの要因から、2018年に発表される新型iPhoneにもFace IDやTrueDepthカメラが搭載され、来秋には予定通り発売できる、と予測しています。

その代わり、2018年の新型iPhoneに搭載されるFace IDやTrueDepthカメラには大幅なアップグレードは期待できないようです。新たな技術や機能を盛り込むと、生産難に陥る可能性があるためだと考えられます。

Face IDに関する部品の生産がさらに安定すれば、iPad Proなどの他の製品への採用も進むかもしれません。

2018年の新型iPhoneについては、画面をさらに大型化したモデルが登場する低価格版iPhone Xが登場する、といった噂があるものの、信憑性は定かではありません。

© 2017 Apple Inc.

参考

KGI: Supply of key Face ID components ‘now stable,’ no major TrueDepth camera updates coming in 2018 | 9to5Mac

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 74.5 MB
・バージョン: 4.3

最新スマホの購入ガイドはこちら!

申し込みがWebで完結!並ばず購入するならソフトバンクオンラインショップで。
ご購入ガイドはこちら iPhone7 ケース


今すぐ予約できるケース・フィルムはこちら

iphone2017_640x100
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank
AppBankの事前登録サイト『ゲームコネクト
「PS4」プレゼントキャンペーンが『ゲームコネクト』で開催中。メールアドレスさえあれば、誰でも簡単に応募できますよ。今すぐ申し込みましょう!

「PS4」プレゼントキャンペーン中

オススメ