新品のApple製品を買う前に知っておきたい「整備済製品」

新品のApple製品を買う前に知っておきたい「整備済製品」


もし新たにiPad・iPod touch・Mac・Apple TVを買う予定なら、Appleが直接販売している「整備済製品」もチェックしましょう。

整備済製品とは?

技術的な問題があって返品された製品などを、厳しい水準で再整備し、Appleの品質基準を満たしていることが確認された上で販売される、新品ではない製品です。

具体的には、整備を行って問題があれば部品を交換。クリーニングを行い、マニュアル・ケーブルなどの付属品を再梱包。最後に、最終的な品質保証検査を実施します。

iPad・iPod touchについては、整備済製品の全てに新品のバッテリーが搭載され、外装も新品に交換。パッケージも新しくなっています。

整備済製品は新品ではないので、販売価格は安く設定されます。

例えば、現在もApple Storeで販売中の第5世代『iPad』の場合、通常の販売価格は37,800円ですが、整備済製品は32,100円(いずれも税別)。約15%オフです。

製品保証は新品と同じ内容で、保証を1〜2年間延長するAppleCareにも加入できます。

整備済製品のデメリット

整備済製品は必要なときにすぐ購入できるとは限りません。

在庫に限りがあるので、入荷してもすぐ売り切れになったり、再入荷までにかなりの時間を要したりすることがあります。予約購入はできません。

1世代以上前の旧モデルが販売されることが多く、最新モデルが整備済製品として登場するまでには間があったり、あるいは整備済製品として登場しなかったりします。

こうしたデメリットを踏まえ、入荷状況を粘り強くチェックし、欲しい製品があったときに即買いできるのであれば、整備済製品はお得な選択肢だと言えるでしょう。

Appleが販売する整備済製品は以下のページでチェックできます。

海外ではiPhone・Apple Watchの販売も

アメリカでは、AppleがiPhoneやApple Watchの整備済製品も販売しています。

iPhoneの整備済製品では『iPhone 6s』と『iPhone 6s Plus』、Apple Watchの整備済製品では『Apple Watch Series 1』と『Apple Watch Series 2』の取り扱いがあります。価格は新品と比べて14〜16%オフになっています。

日本では、Apple直販での取り扱いはありません。格安SIM(MVNO)を提供する企業が整備済iPhoneを販売していることもありますが、日本国内で流通しているiPhoneとは仕様が異なる部分があるようです。

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ