スマホで使える新しい絵文字が確定、iPhoneは「iOS 12」で追加か


スマートフォンやPCで使える絵文字はUnicodeという規格に基づいていますが、このUnicodeに新たに追加される絵文字が発表されました。

150以上の絵文字を追加

追加が決まった絵文字は157個あり、うち80個は絵文字の肌の色が異なるもの。残る77個はまったく新しい絵文字で、たとえば「暑さで参っている顔」・「蚊」・「海賊旗」・「ロブスター」などが追加される予定です。

『Emojipedia』が公開した動画では、新しい絵文字が分かりやすく紹介されています。

スマートフォンの対応は8〜9月ごろ

Unicodeの管理・運営を行うUnicode Consortiumによれば、これらの新しい絵文字がスマートフォンに追加されるのは8〜9月ごろです。

iOSは毎年この頃に大幅なアップデートが行われます。たとえば『iOS 11』は2017年9月20日に正式リリースされました。

まだ正式には発表されていませんが、「iOS 12」でこれらの絵文字に対応し、表示・入力ができるようになるものと思われます。例年通りであればiOS 12の発表は6月のWWDCで、正式リリースは9月ごろでしょう。

参考

Apple サポート ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ユーティリティ
・容量: 44.2 MB
・バージョン: 2.1
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ