Appleがノイキャン付きヘッドホンを年内に発売?


© 2018 Apple Inc.(画像の製品はBeats Studio Wirelessヘッドフォン)

Appleがイヤホンに続き、ワイヤレスヘッドホンの開発に取り組んでいるという噂が報じられています。

早ければ2018年中に発売?

ウェブサイト『Bloomberg』によると、Appleが開発中のヘッドホンは『AirPods』と同様にワイヤレスで通信するもので、音質に注力したハイエンド製品になるようです。

形状には耳を覆うオーバーイヤーヘッドホンを採用し、ノイズキャンセリング機能も備えます。

Appleブランドのイヤホンにノイズキャンセリング機能を持つものはありませんが、Appleが買収したBeatsブランドにはPure ANC(ピュアアダプティブノイズキャンセリング)機能を搭載した『Beats Studio3 Wirelessヘッドフォン』があります。

同製品はAirPodsと同じくW1チップを搭載。Pure ANCをオンにした状態で、1回の充電で最大22時間は利用可能です。

Appleが同様のヘッドホンを発売するのであれば、おそらくBeats Studio3 Wirelessヘッドフォン相当かそれ以上の仕様になるものと考えられます。

早ければ2018年末までに発売されるとBloombergは報じていますが、現時点で開発に問題が生じているため、当初の予定よりも遅れる可能性があるようです。

価格は不明ですが、Bloombergはアメリカなどで発売された『HomePod』が競合製品から50〜200ドル高いこと、ハイエンドヘッドホンの競合製品は100〜500ドルであることを指摘しています。

HomePod同様の価格設定であれば、ヘッドホンの価格は200〜600ドル(21,000〜64,000円ほど)になるかもしれません。Beats Studio3 Wirelessヘッドフォンは税別34,800円です。

正確な予測が多いことで知られるKGI証券のMing-Chi Kuo氏も、2018年第4四半期(10〜12月)に、AirPodsより高価なヘッドホンが発売される、と予測しています。

AirPodsにも新モデルが登場?

このヘッドホンと同時期に、AirPodsの新モデルも発表されるかもしれません。

こちらはワイヤレス通信の制御を行うチップが新しくなり、「Hey Siri」機能に対応する予定だと噂されています

参考

Apple Store ・販売元: iTunes K.K.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: ショッピング
・容量: 73.8 MB
・バージョン: 4.4
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ