【PS4】システムアップデートでリモートプレイがiPhoneやiPadに対応

ソニー・インタラクティブ・エンタテインメントは、プレイステーション4の「システムソフトウェア バージョン6.50」アップデートを3月7日に実施しました。これにより、リモートプレイを「PS4 Remote Play」アプリで楽しめるようになりました。

PS4のリモートプレイがiOSに対応



「システムソフトウェア バージョン6.50」にアップデートしたPS4は、「PS4 Remote Play」アプリを使用してPS4に接続することで、Wi-FiでPS4にいつでもどこでもアクセスできるようになりました。


【「PS4 Remote Play」アプリの機能】
・PS4の画面をモバイル機器に表示できます。
・モバイル機器に表示されるコントローラーを使って、PS4を操作できます。
・モバイル機器のマイクを使って、ボイスチャットに参加できます。
・モバイル機器のキーボードを使って、PS4へ文字を入力できます。


「PS4 Remote Play」に対応するのは、iOS12.1以降がインストールされたモバイル機器(iPhone 7、iPad(第6世代)、iPad Pro(第2世代)以降を推奨)。

モバイルネットワークでは利用できない点には注意が必要です。

【「システムソフトウェア バージョン6.50」のそのほかの機能】

ニコニコ生放送のブロードキャストで720pが選択可能に

また、ニコニコ生放送を利用したゲームプレイのブロードキャスト(配信)時に、画質設定で720pを選べるようになりました。

決定操作に使用するボタンの入れ替えが可能に

「決定」操作に割り当てられているボタンを、〇ボタンから×ボタンに変更できるようになりました。

PS4の機能画面から[設定]>[システム]>[×ボタンで決定する]のチェックを付けます。

なお、アプリケーション・ソフトウェアタイトルによっては、この設定が反映されない場合があります。

PS4 Remote Play ・販売元: PlayStation Mobile Inc.
・掲載時のDL価格: 無料
・カテゴリ: エンターテインメント
・容量: 19.1 MB
・バージョン: 1.0
※容量は最大時のもの。機種などの条件により小さくなる場合があります。
参考になったらシェアお願いします!
▼新着記事やオススメ記事を投稿中!
Twitterをフォローする → AppBank(@appbank)
Facebookページをいいねする → AppBank

オススメ